仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 自歯の治療

いずみ中山歯科のブログ

自歯の治療


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にあるいずみ中山歯科 事務の古川です。

 一昨日ご紹介したとおり昨夜はふたご座流星群の極大とのことでしたが、皆さんご覧になれましたでしょうか?天気予報は曇りの予報でしたが、南中山周辺は深夜まで星空が出ていて、私も寝る前に30分ほど眺めていたところ目が慣れてきたころに数個ですが流れ星を見ることができました。

 今朝の仙台市南中山周辺は8時前から雨が降り始めました。今日は多少雨のやむ時間帯もあるかもしれませんがこのまま夜まで概ね雨の予報です。今朝の最低気温は3.0℃と寒い朝になりました。日中も陽射しが無く気温は上がらず予想最高気温は4℃と上空の寒気の流れ込み具合によってはみぞれや雪が混じる時間帯もあるかもしれません。お出かけの際は厚手のコートに手袋マフラーなど真冬の服装でお出かけされると良さそうです。外出されない方も適切なエアコンの使用で快適に過ごせる室温を保つようにするなどして体を冷やさないようにしてください。また、インフルエンザの警報が全県に発令された状態です。感染症対策のための換気、手洗い、消毒なども適宜行うようにしてお過ごしください。

 今日は一昨日の水曜日に行った自分の歯の治療についてご紹介します。

 私の左下の歯は現状では親知らずを除く7本ありましたが、一番奥7番目の第二大臼歯が割れてしまったため歯を半分残す分割抜歯という方法で抜歯しました。一応、7本の歯はありますが、第二大臼歯の歯は半分しかないため第一大臼歯と手前の第二大臼歯の間には歯半分の隙間があります。

 このままだとつい先日の12月4日付当ブログでご紹介したように抜歯後の放置になってしまうのでここまで数カ月ブリッジタイプの仮歯を入れて残した第二大臼歯と第一大臼歯が動かないようにしつつ、第二大臼歯がブリッジにしても耐えうる状態を保てるか経過観察をしていました。

 数カ月が経過し、残された第二大臼歯に特に大きな変化も見られないことから新年を迎える前にと仮歯のブリッジから正式なブリッジできちんと治療を行いました。

 歯科医師と歯科技工士のしっかりとした技術のおかげで微調整しただけで治療直後から全く違和感を覚えることもなく過ごせています。しかも、特に左側で噛む癖のある私にとって左側が破損しやすい仮歯だったため右側で噛むようにしていたのでそこに不自由さを覚えていましたが、左側でも噛めるようになり解放感を得られています。ただ、自歯とは違ってちょっとした負荷によりブリッジが外れたりするリスクもあるので、これからは右で噛んだり、左で噛んだりとバランスも考えながら食生活を楽しもうと思います。

 私の歯は定期的に歯科に通い始める前に既にむし歯だらけで、2月15日付当ブログ「歯の一生」でもご紹介したように、今後も治療した歯のむし歯リスクを抱えての生活が続きます。このようなことにならないようにむし歯になる前から(できれば赤ちゃんの歯が生える前からでも)定期的に歯科受診することをお奨めさせていただきます。

 いずみ中山歯科では予防歯科に重点を置いて、むし歯、歯周病にならせないための歯みがき指導、食生活指導、クリーニングに力を入れています。いずみ中山歯科での定期的歯科受診を検討してみたいという方はお気軽にスタッフまでお声がけください。

#いずみ中山歯科

#予防歯科

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#メインテナンス

#ブログ

#大臼歯

#ブリッジ

#歯の一生

#歯みがき指導

#食生活指導

#クリーニング

#定期的歯科受診

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページのトップへ戻る