仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > そのしみる、ホントに知覚過敏?

いずみ中山歯科のブログ

そのしみる、ホントに知覚過敏?


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝も仙台市南中山周辺は昨夜の雨☔の影響もあり湿度が高い状態で、薄っすら青空が透けているものの曇り空☁です。次第に雲も晴れて陽射し🌤が出てくるとのことでしたが今日も大気の状態が不安定になっていて午後になるとところにより急な強い雨☔が降ることもあるようです。昨夜からの最低気温は26.1℃と8夜連続の熱帯夜になりました。日中の予想最高気温は34℃と猛暑日一歩手前まで上がる予報で、湿度も高くジメジメと不快な暑さで今日も熱中症には厳重な警戒が必要です。こまめな水分補給(喉が渇いていなくても飲むくらいが良いそうです)と適切なエアコン(室温が28℃以下になるように)の使用で熱中症対策を万全にしてお過ごしください。いずみ中山歯科では、待合室内にウォーターサーバーを設置していつでも水分補給をして頂けるよう準備しております。来院されましたら先ずはコップ一杯のお水で喉と体を潤すようにしてください。

 先週金曜日の当ブログで少しご紹介した知覚過敏と思われる「しみる」という痛み症状はむし歯の初期症状のほか色々な歯の病気の初期症状にも似ているので、その原因を特定しなければなりません。しみるという知覚過敏の症状は歯の神経で起きる炎症の初期症状にも似ているので、すぐに「「知覚過敏です」とは診断するのは難しい症状です。

 診察でもレントゲン検査でもはっきりとした原因が分からない場合、問診で確認した生活習慣の問題を改善し再石灰化を促して自然治癒を待つこともあります。また、試しに無色透明のコート剤で歯を覆って知覚過敏の症状が治まるか経過観察します。

 知覚過敏であったら先週土曜日の当ブログでご紹介した知覚過敏のリスクに気付いて歯みがきや飲食物に気を付けるだけで自然治癒することもあります。

 コート剤を塗布してしみる症状が治まれば、歯の内部の炎症は軽く、外部からの刺激によって症状が起きていることが確認できます。

 コート剤を塗布しても症状が治まらなければ歯の内部で比較的強い炎症が起きている可能性も想定して治療に当たる必要があります。この場合は象牙質をレジンという歯科材料で覆ったり、古い詰め物をはずして詰め直したりして、考えられる原因に対して軽い治療から順に試していき、最終的には神経を抜いたり抜歯したりすることが必要になることもあります。

 知覚過敏は「歯がしみるだけ」とお思いの方も多くいらっしゃるかもしれませんが、実は知覚過敏ではないことも多々あり、色々な原因を確認しながら治療を進めていくため、すぐに治るというケースばかりではないことをお知り置きください。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#ブログ

#知覚過敏

#リスク

#コート剤

#コーティング

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページのトップへ戻る