仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > しみる歯を放置しないでください!

いずみ中山歯科のブログ

しみる歯を放置しないでください!


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。8日間の夏期休暇をいただいていましたが今日から診療を再開いたします。よろしくお願いいたします。

 今朝の仙台市南中山周辺も朝から湿度が高く、晴れ間は見られますが雲の多い空模様⛅です。今日はこのまま晴れ🌤たり曇⛅ったりを繰り返すようですが、午後になると大気の状態が不安定になってところにより急に強い雨☔が降りだすこともあるようです。今朝の最低気温は27.0℃と5夜連続の熱帯夜になりました。日中の予想最高気温は33℃と猛暑日にはなりませんが、湿度が高くジメジメと不快な暑さで今日も熱中症には厳重な警戒が必要です。こまめな水分補給(喉が渇いていなくても飲むくらいが良いそうです)と適切なエアコン(室温が28℃以下になるように)の使用で熱中症対策を万全にしてお過ごしください。いずみ中山歯科では、待合室内にウォーターサーバーを設置していつでも水分補給をして頂けるよう準備しております。来院されましたら先ずはコップ一杯のお水で喉と体を潤すようにしてください。

 今日は知覚過敏についてご紹介したいと思います。

 冷たいものを飲んだり食べたりするとキーン、甘いものを食べるとズキッ、このような経験をお持ちの方も多いかと思いますが、その原因は知覚過敏です。

 知覚過敏は、一過性の痛みと思われがちですが、実はむし歯の初期症状ともとても似ているいるほか、歯が欠けたり、削れたり、酸っぱいものの摂り過ぎで酸蝕症になったりして歯が溶けてきている時にも起きる症状なので放置すると危険です。気づかないうちに歯が傷んでいることもあるので、歯がしみると感じられたらすぐに歯科受診をするようにしてください。

 このしみる症状は、歯の表面を覆っているエナメル質が欠けたり、割れたり、削れたりして象牙質がむき出しになって刺激が神経に伝わることで起きる症状です。象牙質には象牙細管という細かい管が神経と繋がっていて冷たい、熱い、甘いなどの刺激がキーンという痛みとして感じられると考えられているそうです。

 ただ、象牙質がむき出しになっていてもしみない方がいらっしゃいます。象牙質の表面にスメア層(歯を削った際に出る切削片が、象牙質の象牙細管に詰まることによって形成される層)という層ができたり、唾液の成分などが結晶化(再石灰化)したりして、歯の成分で管状の穴が塞がることで神経への伝達が遮断されてしみを感じなくなります。

 歯が削れるほど強く歯を磨いたり、夜中に歯ぎしりをしたりしているとスメア層や再石灰化層が剥がれ知覚過敏を引き起こすので、歯磨きの仕方や歯ぎしりをしているかなど歯科で調べてもらうようにしてください。いずみ中山歯科では、検診や歯磨き指導も行っていますので、歯がしみると感じた方はお気軽にスタッフまでお声がけください。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#ブログ

#知覚過敏

#エナメル質

#象牙質

#象牙細管

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
ページのトップへ戻る