仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 洗口液の選び方

いずみ中山歯科のブログ

洗口液の選び方


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は朝のうちは小雨☔が降っていましたが8時頃には雨も上がり青空も見えてきました。日中は次第に雲も晴れて概ね晴れるようです。今朝の最低気温は6℃ほどで昨日よりは3℃ほど高く冷え込みも少し弱まりました。日中の予想最高気温は14℃まで上がるようですが北寄りの風が吹いているので空気は冷たく感じられそうです。お出かけされる際は暖かい服装で寒さ対策をしてお出かけください。ご自宅で過ごされる際も少し暖かい服装を選んで快適に過ごせる室温を保つように節電を心掛けながら適切にエアコンを使用しながら換気も心掛けるようにしてお過ごしください。

 水曜日は歯みがき後に使用する洗口液、昨日の金曜日には歯磨きをできない時に使用する洗口液をご紹介しましたが、今日は洗口液の選び方についてご紹介したいと思います。

 水曜日、金曜日にご紹介した洗口液は歯周病予防に効果的な殺菌効果が見込まれる洗口液でしたが、それ以外にも歯ぐきの炎症を抑える成分やバイオフィルムの形成を抑制する成分が入っている洗口液、むし歯予防に繋がるフッ化物(フッ素)が配合された洗口液もあります。

 洗口液の選択にはご自身が何を目的に洗口液を選択するかで選択肢が変わってきます。

 まずは「洗口液」か「液体ハミガキ」。最初にここで選択を間違えないようにしてください(11月14日付当ブログ参照)。

 次に歯周病予防に効果を発揮するタイプで、歯磨きをきちんとできる状況下で歯みがき後に使用するタイプの洗口液(11月16日付当ブログ参照)なのか、歯磨きをできない時に歯磨きの代わりに使用するタイプの洗口液(11月18日付当ブログ参照)、またはむし歯予防に効果を発揮するフッ化物配合の洗口液、歯ぐきの腫れ・炎症を抑制する洗口液、バイオフィルムの形成を抑制する洗口液など配合成分の違いを認識して選択してください。

 洗口液か液体ハミガキの選択はラベルに表記があるので間違えることはないと思います。ただ、洗口液のタイプは間違えるとご自身の目的に対して効果を発揮しないタイプを選択してしまう可能性もあるので、歯科でご相談になってからご購入されることをお奨めします。洗口液の購入をご検討の際はお気軽にスタッフまでお声がけください。

 いずみ中山歯科では、いい歯の日キャンペーンを開催中で、いずみ中山歯科の歯科医師、歯科衛生士が推奨する歯ブラシをお得なセットにして販売しています。また、洗口液とは少し異なりますがが、さまざまな細菌やウイルスの殺菌に効果的なポイックウォーターも販売しています。購入希望の際はお気軽にスタッフまでお声がけください。

 昨日の新規感染者は仙台市で1,420人、宮城県全体では2,764人で前週の金曜日より522人の増加となり27日連続での増加となりました。また、インフルエンザも県内10の医療施設で確認され11月13日までの4週間で増加傾向が見られます。さらに感染性胃腸炎も確認されてきています。寒くても何とか換気、手洗い、うがいを心掛け、インフルエンザや感染性胃腸炎の流行を抑え、新型コロナの第8波を何とか小さな波で終わらせられるよう基本的な感染症防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を徹底していきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#メインテナンス

#ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページのトップへ戻る