仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 歯みがきができない時に使う洗口液

いずみ中山歯科のブログ

歯みがきができない時に使う洗口液


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は高い所に☁が見られますが快晴🌞です。今朝の最低気温は2℃ほどとこの冬一番の冷え込みとなって車の上は霜で白くなっていました。日中の予想最高気温は13℃と晴れていても気温はあまり上がらず、秋から冬への移り変わりを実感する肌寒い1日になりそうです。今日は朝晩と日中の気温差も10℃近く、さらに日中も気温も上がらずに体調を崩しやすいので快適に過ごせる室温を保つように適切にエアコンを使用しながら換気も心掛けるようにしてお過ごしください。

 洗口液は「歯みがき後に使うのがより効果的」と一昨日の当ブログでご紹介しました。しかし、仕事で昼休憩が短かったり忙しかったりすると歯磨きをする時間すら取れないこともあるかと思います。このような場合には次の成分が配合された洗口液やうがい薬がお奨めです。

「エッセンシャルオイル」

「ポピドンヨード」

 これらの成分は、歯の表面に形成され始めたバイオフィルムの内側に浸透して、短時間で殺菌作用を発揮します。細菌達が作った膜の中に入り込んで攻撃する能力があります。

 それでも、バイオフィルム内への浸透能力にも限界があり、時間が経ってバイオフィルムが成熟して厚みを増すと浸透効果は弱まるそうです。バイオフィルム層が薄いほど浸透していけるので、やはり使用に際しては歯みがき後、あまり時間を空けない方が良いとのこと。少なくとも前回の歯みがきから5~6時間のうちに使用するのが良いそうです。

 歯みがき後に使用する洗口液同様、最も効果的に使うためにもこちらのタイプでもご自身で判断せずにまずは歯科にご相談になってから利用することをお奨めいたします。

 ただ、こちらの洗口液を用いるからと言って歯磨きをしなくても良いということには決してなりません。やはり、しっかりと歯磨きをした上で、昨日ご紹介した歯磨き後の洗口液を用いる方がより口腔内が清潔になります。

 いずみ中山歯科では、いい歯の日キャンペーンを開催中で、いずみ中山歯科の歯科医師、歯科衛生士が推奨する歯ブラシをお得なセットにして販売しています。また、洗口液ではないですが、さまざまな細菌やウイルスの殺菌に効果的なポイックウォーターも販売しています。購入希望の際はお気軽にスタッフまでお声がけください。

 一昨日の新規感染者は仙台市で1,803人、宮城県全体では3,341人で前週の水曜日より632人の増加、昨日は仙台市で1,701人、宮城県全体では3,194人で前週の木曜日より661人の増加となり26日連続での増加となりました。一昨日に約3か月ぶりの3,000人超となり、昨日も3,000人を超えて2日続いてしまいました。また、日本医師会からも第8波に突入との談話もありました。寒くても何とか換気を心掛けインフルエンザ、新型コロナの第8波を何とか小さな波で終わらせられるよう基本的な感染症防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を徹底していきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#メインテナンス

#ブログ

#洗口液

#液体ハミガキ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページのトップへ戻る