仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 水中毒にご注意ください

いずみ中山歯科のブログ

水中毒にご注意ください


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は朝から快晴🌞で真夏の太陽🌞が照りつけています。今日はこのまま概ね晴れて強い陽射しが照りつけそうですが、午後になると雲が広がってところによりにわか雨⛈の予報も出ていました。今朝の最低気温は25.7℃でまた熱帯夜が続きました。日中の予想最高気温は35℃と猛暑日の予報で、今日も熱中症には厳重な警戒が必要です。こまめな水分補給(喉が渇いていなくても飲むくらいが良いそうです)と適切なエアコン(室温が28℃以下になるように)の使用で熱中症対策を万全にしてお過ごしください。いずみ中山歯科では、待合室内にウォーターサーバーを設置していつでも水分補給をして頂けるよう準備しております。来院されましたら先ずはコップ一杯のお水で喉と体を潤すようにしてください。

 今日、明日の仙台市の予想最高気温は上述したように35℃の猛暑日になる予報で再び酷暑となります。熱中症には厳重な警戒が必要で水分補給も熱中症への重要な対策としてこれまでも当ブログで連日記載してきたとおりです。

 ただ、水分補給の仕方にも気を付ける必要がいくつかあるそうです。その一つに、7月31日付当ブログでご紹介した「ペットボトル症候群」があります。こちらは糖分の多い飲料を多く摂取することで急性の糖尿病のような症状を引き起こしてしまうというものでした。

 今日ご紹介するのは「水中毒」。昨日のニュースでも今年は水中毒が去年の3倍確認されているということも言われていました。その水中毒ですが、過剰な水分摂取などにより、低ナトリウム血症(簡単に言うと塩分不足)という状態になったことを言うそうです。

 主な症状としては、めまいや頭痛、多尿・頻尿、下痢などが起こるそうで、悪化すると吐き気や嘔吐、錯乱、意識障害、性格変化、呼吸困難などの症状が現れるそうですが、死に至る症例も報告されているそうです。

 水やお茶で水分補給する場合、ペットボトル症候群を引き起こしてしまう糖分は入っていませんが、水中毒を予防する塩分なども含まれていないものが多いと思います。熱中症対策の水分補給では水中毒対策として塩分などのミネラル分を併せて適量摂取することを心掛けるようにしてください。食事で味噌汁1杯や梅干し1~2個などでも塩分補給になるそうです。

 また、水やお茶での水分補給より効果的なのが経口補水液だそうです。経口補水液は、脱水症状だけでなく水中毒の対策としても薦められているそうで、人間の体液に近い成分で作られた経口補水液には、塩分や糖分が含まれています。ナトリウム濃度はスポーツドリンクの2倍~4倍ほどあるため、水分だけでなく十分な量のナトリウムを摂取可能とのことです。

 ちなみに、経口補水液は自宅でも簡単に作ることができるそうで、水1Lに対して塩3g、砂糖40gを加えてよく混ぜれば完成。ただこのままだとあまり美味しくはないそうで、作った経口補水液にレモンやグレープフルーツの果汁を足すと少し飲みやすくなるそうです。果汁を少しずつ加えてみてご自身の飲みやすい味に調整してみてください。また、砂糖をハチミツに替えても、飲みやすくなるそうです。色々試してみて暑い夏を元気に乗り切りましょう。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#ブログ

#水中毒

#塩分不足

#経口補水液

#自家製経口補水液

#水1L、塩3g、砂糖40g

#ペットボトル症候群

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
ページのトップへ戻る