仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 新型コロナの感染症分類 5類へ移行

いずみ中山歯科のブログ

新型コロナの感染症分類 5類へ移行


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 いずみ中山歯科では、昨日まで10日間の長期休診とさせていただきましたが、本日より診療を再開いたします。長らくお休みを頂きありがとうございました。スタッフ一同、リフレッシュしましたので、今日からまたしっかりと診療させていただきます。

 今朝の仙台市南中山周辺は雨☔です。今朝の最低気温は5℃ほどと3月から4月頃の寒い朝になりました。日中の予想最高気温も12℃と4月上旬頃の気温までしか上がらず、陽射しも期待できないので肌寒い1日になりそうです。

 さて、感染症の分類については2022年12月26日付の当ブログでご紹介しましたが、新型コロナウイルスが初めて確認されて以降、早3年が経過し、感染症法上の位置づけがこれまでの「2類相当」から今日5月8日から正式に「5類」へ移行されました。

 5類に移行されたことで外出制限や外出自粛など国からの行動制限が行われなくなり、感染症対策は個人に委ねられることになります。

 また、これまでのように指定医療機関で患者を受け入れる体制から幅広い医療機関で対応する体制を目指すことになり、これまで無料だった新型コロナに関する医療費の窓口負担分については検査や外来診療の費用などが自己負担に見直されます。

 さらに流行状況の把握については指定された医療機関による週1回報告の「定点把握」(季節性インフルエンザと同様)に変更されます。

 ただ、今後も流行を繰り返すことが予想されることから、無料のワクチン接種は今年度も継続されるほか、厚生労働省は感染した後の療養期間の目安として「発症翌日から5日間は外出を控えることが推奨される」とする方針を示しています。さらに10日間が経過するまではウイルスを排出する可能性があることから、マスクの着用や高齢者などとの接触は控えることなど、周囲の人への配慮を求めています。

 また、濃厚接触者も法律に基づく外出自粛は求められなくなりますが、医療機関や高齢者施設などでクラスターなどが発生した場合は濃厚接触者かどうか判断した上で、行動制限への協力を求める可能性があるとのことです。

 分類の意向で様々な変更点がありますが、仙台市の取り組みなど当ブログではなかなか全てを詳細に説明できませんので、詳しくは仙台市のホームページをご確認いただきますようお願いいたします。

 上述したように感染者数の発表が毎日行われなくなるので日ごとの感染者数の表示も明日が最後になりますが、ゴールデンウィーク中の新型コロナウイルスの新規感染者は下表のとおりです。概ね前週同曜日比で増加傾向が続いているものと思われます。できるだけ早期に減少傾向に転ずるように現行推奨される感染症対策を行っていきましょう。

 今日から5類移行されますが、新型コロナウイルスは消滅したわけではありません。今後も高齢者や持病のある方など重症化リスクの高い方への配慮や医療従事者の負担軽減にもつながる推奨される感染症予防対策はできるだけ行っていきましょう。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#歯科衛生士募集中

#仙台市泉区

#メインテナンス

#ブログ

#感染症

#分類

#分類変更

#5類

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページのトップへ戻る