仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 入れ歯の汚れにご注意を!!!

いずみ中山歯科のブログ

入れ歯の汚れにご注意を!!!


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は明け方まで雨☔も降っていましたが曇り☁です。今朝の最低気温は15℃ほど、現在も17℃と太陽が出ていなくても暖かい朝になっています。日中の予想最高気温は19℃と太陽が出ないのであまり上がりませんが、湿度が高めなので動くと汗ばむこともありそうです。水分補給はこまめに行って熱中症対策はしっかり行うようにしてください。夕方以降は再び雨☔の予報でしたが、日中もところどころで雨☔が降るかもしれませんので、今日は傘🌂をお持ちになってお出かけされると良いかと思います。

 今日は入れ歯の汚れについてご紹介します。今年の2月25日付当ブログ(https://www.izumi-nakayama-do.com/archives/3100)で「入れ歯のお手入れ」についてご紹介した際に書かせていただきましたが入れ歯にも歯石と似たようなデンチャープラークという細菌の変化したものなどが付着します。そしてなんとそれが全身に悪影響を及ぼすおそれがあるそうです。

 歯周ポケット内のプラークは嫌気性菌が主で空気のあるところでは繁殖できません。一方、義歯に付着するデンチャープラークは通性嫌気性菌やカンジダ菌(カビの仲間)が主で少し空気があるところの方が繁殖しやすく、歯周ポケットにはいない入れ歯特有の細菌が増殖します。このような菌が時間の経過とともに病原性が増して様々な疾患をまねくおそれがあるとのことです。

 デンチャープラークが付着した入れ歯は細菌の貯蔵庫となって、入れ歯の当たる粘膜に口内炎ができやすくなったり、入れ歯が隣接する歯や、クラスプという入れ歯を固定するバネのかかる歯に虫歯ができやすくなったりします。また、舌炎や口角炎、口腔咽頭カンジダ症を引き起こしやすくなるだけでなく、細菌が全身へ伝搬して誤嚥性肺炎や消化器系感染症まで引き起こすおそれがあるそうです。

 このような理由からご自分の歯と同様に入れ歯のプラークコントロールも非常に大切になります。特に部分入れ歯は、床(しょう)、人工歯、金属バー、クラスプなど多くのパーツで構成され複雑な構造をしています。中でもレジン製の床(しょう)には目に見えない細かい穴がたくさん開いているため細菌などの恰好の棲み処になります。

 誤嚥性肺炎などの全身疾患にもつながるおそれのある入れ歯の汚れ(デンチャープラーク)を付着させないようにするためにもできるだけ毎食後に流水の中で入れ歯用のブラシを用いて磨いてください。また就寝時には、磨いた後に入れ歯洗浄剤に1晩漬けおくようにしてください。なお、入れ歯洗浄剤は入れ歯の材料との相性があるので、ご自身で判断せずに歯科医院でご自身の入れ歯に合った物を相談してください。

 一昨日の仙台市の新規感染者の確認は379人で、宮城県全体としては623人で前週の水曜日より244人の増加でした。昨日の仙台市は295人、宮城県全体では475人で前週の木曜日より265人の増加でした。前週は連休中でもあり検査数自体が少なかったこともありますが、連休前の前々週の水曜日、木曜日と比較すると水曜日は26人の減少、木曜日は31人の増加でした。

 ゴールデンウィーク中の人流で感染者が増えてしまうことは想定されますが、急激な感染拡大を防止するためにも改めて基本的な新型コロナ感染防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用)を万全にして過ごしていきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページのトップへ戻る