仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 抜歯前に注意する事

いずみ中山歯科のブログ

抜歯前に注意する事


 おはようございます、🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は雪⛄で、最低気温は-2℃と寒い朝です。日中の予想最高気温も3℃で北西の風もやや強まるようなので体感気温はもっと寒くなります。お出かけの際は、防寒対策を万全にして、凍結した路面にご注意ください。

 昨年末の12月21日付の当ブログで「抜歯をせざるをえない事例」(https://www.izumi-nakayama-do.com/archives/2929)として虫歯や歯周病により治療するには手遅れになってしまった歯など5つの事例をご紹介しましたが、今日は抜歯の前に注意するべきことについてご紹介します。

 1.血液サラサラの薬💊を飲まれている方は出血が止まりにくいので必ず申し出てください。縫合するなどして確実に止血を行います。自己判断で服薬を中断するのは危険ですので、通常通り服用してください。

 2.骨粗しょう症の治療薬を飲まれている方も必ず申し出てください。この薬は抜歯後にあごの骨が壊死する副作用が極まれに生じることがあるそうです。場合によっては服用を休止するようお願いすることがあります。壊死を防ぐには口腔内を清潔に保つことが重要だそうです。

 3.歯科が怖い方はお知らせください。歯科への恐怖心が強いと気が遠くなったり卒倒したりしてしまうことがあります。中には麻酔注射の段階で気分が悪くなってしまう方もいらっしゃいます。

 4.予約日の取り方にご注意ください。抜歯後に腫れや痛みが出た時、次の日が休診日で歯科医師に電話が繋がらないと不安が繋がります。可能であれば予約は休診日の前日を避けておくと余計な不安が減らせます。

 5.発熱や二日酔いはダメです。抜歯といえど骨がむき出しになる外科処置です。特に親知らずの抜歯では骨を削る場合もあります。体調は傷の回復に影響します。体調を整えてのぞみましょう。

 6.歯科の薬は忘れずに飲んでください。抜いた後の痛みや出血を少なくできるため抜歯は炎症が引いてから行うのがベストです。炎症の原因除去のために抜歯を行うこともありますが、事前に処方された抗炎症剤などの薬はきちんと服用して抜歯前にできるだけ炎症を抑えておきましょう。

 

 抜歯は歯科医院と患者様の協力のもとで安全に行われるものです。安全に行うためにも上記の注意点を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

 昨日の仙台市の新規感染者の確認は21人で、宮城県全体としては44人でした。日曜日の検査数が少ない中での確認数で新規感染者数は減ったわけではありませんのでご注意ください。ただ、今のところ他県よりは急増後の増加ペースは抑えられています。今後は可能な限り急増のペースを抑えられるよう、今までよりさらに意識を高めてうつさない、うつらないための手洗い(手指消毒)、マスク着用、3蜜回避を実行していきましょう。今一度皆で気を引き締めて新型コロナウイルス、インフルエンザウイルスへの対策を徹底していきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の再拡大防止を心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページのトップへ戻る