仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 暑熱順化しましょう!

いずみ中山歯科のブログ

暑熱順化しましょう!

おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にあるいずみ中山歯科 事務の古川です。

今朝の仙台市南中山周辺は明け方は曇りでしたが、7時過ぎから雨が降ったり止んだりの空模様です。昨夜からの仙台市の最低気温は明け方に記録した22.9℃と平年より3℃以上高いものの少し涼しさを感じる朝でした。日中も雨が降ったり止んだりの天気になりそうです。予想最高気温は27℃と一昨日からは7℃も低くなりますがそれでも平年よりは2℃ほど高い1日になりそうです。湿度も高い状態が続くため今日も熱中症には注意が必要です。こまめな水分補給や適切なエアコンの使用を心掛けて体調に留意してお過ごしください。いずみ中山歯科では待合室奥にウォーターサーバーをご用意していますので、来院された際はまず1杯の水で水分補給をするようにしてください。

暑熱順化とは暑さに体を慣れさせることです。夏の気温は一気に上昇するので、実際に暑さに慣れていない梅雨明けの炎天下で熱中症が頻発します。

人の汗腺は200万~500万あると言われているそうですが、そのすべてから発汗されているわけではなく、地域や環境によっても大差があるそうです。そのうち日本人の能動汗腺(発汗されている汗腺)は230万前後だと言われているそうです。ただ、能動汗腺の数はおおむね幼少期に決まるそうなので、暑熱順化では汗腺の質を良くして活性化させることが主体となるそうです。

暑熱順化は、高温活動下による体温上昇を感知してタイミングよく発汗させることと、体液量を増やして水分喪失に備える働きがあるそうです。暑熱順化に導く最も効果的な方法は、運動習慣を作って汗を出す機会を多くすることだそうです。温浴やサウナなどで毎日汗を出すことでも一定の効果があるそうですが、運動による発汗を促した方が効率的に早く書熱順化の目的を達成できるそうです。

汗腺が活性化すると、汗に伴うミネラル(ナトリウムやカリウムなど)の損出を防ぐことができます。サラサラした汗になって体液バランスが崩れにくくなるため熱中症予防に有効なのだそうです。なお、暑熱順化は1週間~10日ほどで充分に効果を発揮し始めるそうなので、今からでも十分に間に合いますが、一昨日は最高気温34.8℃と猛暑日一歩手前の暑さを記録するなど、近年は梅雨明けを待たずして真夏日を記録することも増えてきているので、本当は梅雨入り前や梅雨入り直後くらいのもっと早い時期から行うのが良さそうですが、今から行う場合は早朝や夕方以降少し涼しくなった時間帯に行うのが良さそうです。

脱水の予防については、通常は喉が渇いた時点で軽度の脱水になっていることが多いので、炎天下ではもちろんのこと高温や多湿の時には、喉が渇く前に少量ずつのこまめな水分補給が大切になります。特に高齢者では喉の渇きに対する反応が鈍くなっている場合があるので意識的な水分補給がとても大切になるそうです。

今年も早くも全国各地で猛暑日の知らせが聞こえ、一昨日静岡では40.0℃を記録したそうです。暑熱順化で熱中症になりにくい体を作るとともに、こまめな水分補給や適切なエアコンの使用で熱中症対策を万全にして自分の体を守ることを心掛けていきましょう。

 

 

 

 

 

#いずみ中山歯科

#予防歯科

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#歯科定期検診

#歯科衛生士

#ブログ

#note

#Instagram

#暑熱順化

#熱中症予防

#こまめな水分補給

#適切なエアコン使用

#ウォーターサーバー

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページのトップへ戻る