仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 東北絆まつりに行ってきました

いずみ中山歯科のブログ

東北絆まつりに行ってきました

おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にあるいずみ中山歯科 事務の古川です。

今朝の仙台市南中山周辺は時折霧雨の混じる曇り☁です。昨夜からの仙台市の最低気温は早朝に記録した18.9℃で平年よりも3.5℃も高い朝になりました。日中もこのまま概ね曇りで所によってにわか雨が降ることもありそうです。予想最高気温は24℃と動くと少し蒸し暑さを感じる1日になりそうです。お出かけの際は折り畳み傘をお持ちになると良さそうです。外出されない方も、湿度が高めで汗ばんだりしたら水分を補給して体調に留意してお過ごしください。

さて、昨日の日曜日、東北絆まつりを観に行ってきました。東北絆まつりは、東日本大震災で犠牲となられた方の鎮魂と、被災からの復興を願う2011年に始まった「東北六魂祭」が6年を掛けて東北6県を一巡したのち、さらなる復興とその先の未来に向けて歩を進めるため2017年に始まったお祭りです。東北の県都6市の6祭り「青森ねぶた祭」、「秋田竿燈まつり」、「盛岡さんさ踊り」、「山形花笠まつり」、「仙台七夕まつり」、「福島わらじまつり」が結集し、さらなる復興を目指して6市持ち回りで2017年から開催を続け、2023年の青森市で一巡し、今年の仙台で2巡目に入りました。

 

    

仙台は七夕まつりとしての参加だそうですが、七夕飾りは少し手持ちで紹介されましたが、パレードは仙台すずめ踊りで賑やか参加していました。青森のねぶた祭りや福島のわらじまつりはそれぞれねぶたとわらじの大きさに驚きました。秋田の竿灯まつりは途中竹竿が「パキーーーン」という音を立てて折れるハプニングもありましたが、あの大きな竿灯を片手やおでこ、腰で支える技術に驚きました。山形花笠まつりと盛岡さんさ踊りは華やかな衣装を着て演奏に合わせて踊る姿が印象的でした。

そして、特に印象に残ったのが、山形花笠まつりに参加していたこちらの団体。

 

山形歯科専門学校の学生さん達。先月勇退された歯科衛生士の大石さんや現役歯科衛生士の吉田さんの母校の後輩たちだそうで、その法被の背中は歯の絵が描かれていました。

祭りの踊り手やお囃子さんは約1,000人にものぼり、観覧者は2日間で当初45万人の想定が、これを大幅に上回る57万人が観覧したと報じられていました。

それぞれ夏の本まつりよりかなり規模が小さいとはいえ、一堂に会して6つの祭りを見られるというのは得した気分になったのと同時に、各地を巡って観覧したいと思うようになりました。

基本的には6市の持ち回り開催とのことでしたが、来年は国を挙げてのイベント大阪万国博覧会(大阪万博)が開催されるのに合わせて6月14、15日に大阪で開催されるとのことで、東北での開催は再来年に岩手県盛岡市での開催になるとのことです。

 

#いずみ中山歯科

#予防歯科

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#歯科定期検診

#歯科衛生士

#ブログ

#note

#Instagram

#東北絆まつり

#青森ねぶた祭り

#秋田竿灯祭り

#盛岡さんさ踊り

#山形花笠まつり

#仙台七夕まつり

#仙台すずめ踊り

#福島わらじまつり

 

 

 

 

 

 

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページのトップへ戻る