仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 歯ぐき下がりは歯を失うサイン

いずみ中山歯科のブログ

歯ぐき下がりは歯を失うサイン

おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にあるいずみ中山歯科 事務の古川です。

今朝の仙台市南中山周辺は雲は見られるものの快晴です。昨夜からの仙台市の最低気温は未明に記録した14.0℃と平年並みの気温でしたが、7時過ぎには既に18℃を超えてきました。今日は日中穏やかに晴れて予想最高気温は23℃とこちらも平年並みの気温で、陽射しもたっぷりある気持ち良い1日になりそうです。気持ち良い陽射しになりそうですが日焼けが気になる方は日傘などをお持ちになると良さそうです。外出されない方は陽射しをたっぷりと取り込んで、窓を開けて換気とともに室温調整するなどして快適にお過ごしください。

今日は今月医院の入口に掲示している案内板の片面をご紹介します。





今日はまず「歯ぐき下がりは歯を失うサイン」についてご紹介します。

40代になると8割もの方が歯ぐきが下がり始めていると言われています。歯ぐきが下がると歯が長くなったように見えるので、ご自分でも鏡を見て歯が長くなったかなと感じられている方は要注意です。

歯ぐきが下がる主な原因は歯周病です。歯周病が進行して歯槽骨が溶けることで歯ぐきが下がって歯の根が露出してきます。正常な歯ぐきであば歯の表面はエナメル質という硬い組織に覆われていますが、歯ぐきが下がるとエナメル質に覆われていないセメント質の歯が露出してしまいます。セメント質は薄く、酸にとても弱いので簡単にむし歯になってしまいます。

歯ぐきは下がってしまうと残念ながら元には戻りません。下がらないように予防することが何よりも大切になります。歯周病予防には歯科医院での定期的な検診(プロフェッショナルケア)とご自身による毎日の歯磨き(セルフケア)が必要です。また、毎日の歯磨きも、ただ磨けば良いというのではないので、正しい歯ブラシの使い方を習って効果的な歯みがきを行うことを推奨しています。

いずみ中山歯科では予防歯科に重点を置いて、10名の歯科衛生士による歯磨き指導も行っていますので、正しい歯みがきを身に付けたいとお考えの方はお気軽にスタッフまでお声がけください。

 

 

 

 

 

#いずみ中山歯科

#予防歯科

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#歯科定期検診

#歯科衛生士

#ブログ

#歯ぐき下がり

#歯周病

#根面露出

#プロフェッショナルケア

#セルフケア

#歯みがき指導

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページのトップへ戻る