仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 世界禁煙デー

いずみ中山歯科のブログ

世界禁煙デー

おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にあるいずみ中山歯科 事務の古川です。

今朝の仙台市南中山周辺は今にも雨が降り出しそうな曇り空です。今朝の最低気温は17.9℃で湿度も高くもわっと感じる朝になりました。予想最高気温は21℃と今日は日中もあまり気温は上がらず、半袖では少し肌寒く感じそうです。お出かけの際は上着を1枚お持ちになられると安心です。外出されない方も今日は陽射しが期待できないので、上着を羽織ったり空調を使ったりして体を冷やさないようにしてお過ごしください。

今日5月31日は世界保健機構(WHO)が定めた「世界禁煙デー」です。日本でも厚生労働省が、平成4年から世界禁煙デーに始まる1週間を「禁煙週間(5月31日~6月6日)」として毎年テーマを決めて様々な施策を行っています。今年のテーマは「たばこの健康影響を知ろう!~たばことCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の関係性~」、となっています。

慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれていた病気の総称だそうです。タバコの煙を主とする有害物質を長期に吸入することで生じる肺の炎症性疾患で、喫煙習慣を背景に発症する生活習慣病だそうです。

最大の原因は喫煙で、喫煙者の15~20%がCOPDを発症するそうで、タバコの煙を吸入することで肺の中の気管支に炎症がおきて、咳や痰が出たり、気管支が細くなったりすることによって空気の流れが低下します。また、気管支が枝分かれした奥にあるぶどうの房状の小さな袋である肺胞が破壊されて、肺気腫という状態になると、酸素の取り込みや二酸化炭素を排出する機能が低下するそうです。COPDではこれらの変化が併存していると考えられており、治療をしても元に戻ることはないそうです。

このほかにも喫煙は、ご自身の脳卒中や糖尿病などのリスクが高まるほか、歯周病のリスクも高まります。COPDは治療が低いようですが、歯周病は治療することで歯周病のリスクが軽減します。

また、喫煙者が吐き出した「呼出煙」とタバコの先から出る「副流煙」を周囲の人が吸うこと(受動喫煙)で、周りの人の健康をも害することが知られています。

タバコの煙に含まれる発がん性物質などの有害成分は、主流煙(喫煙者が吸う煙)よりも副流煙に多く含まれるものがあるそうで、周囲の人の健康問題にも発展してしまうことがあります。



いずみ中山歯科では、口腔内への喫煙による影響と禁煙による効果をご説明して、禁煙による口腔内の健全化にも力を入れています。ご自身の健康だけでなくご家族や周囲の方の健康にも悪影響を及ぼしてしまうおそれのある喫煙のリスクを今日の機会に少し考えてみてはいかがでしょうか。喫煙のリスクなどに関心を持たれた方はお気軽にスタッフまでお声がけください。

 

 

 

 

#いずみ中山歯科

#予防歯科

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#歯科定期検診

#歯科衛生士

#ブログ

#note

#Instagram

#世界禁煙デー

#禁煙週間

#受動喫煙

#呼出煙

#副流煙

#主流煙

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページのトップへ戻る