仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 良い部分入れ歯

いずみ中山歯科のブログ

良い部分入れ歯


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にあるいずみ中山歯科 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は雲は見られますが晴れです。日中もこのまま概ね晴れの予報ですが、時折山手から雲が流れ込んで雪が舞う時間帯もありそうです。夕方以降、明日の午前中にかけては雪の予報も出ていますので、明日の朝は積雪にご注意ください。昨夜からの仙台市の最低気温は未明に記録した0.8℃でしたが、南中山周辺では車の温度計は-0.5℃と氷点下の冷え込みになりました。日中の予想最高気温は4℃と平年より1℃ほど低い、この時季らしい寒さとなりそうです。また西寄りの風も強く吹くので体感気温は日中でも氷点下の寒さになりそうです。今日は朝からあまり気温は上がらず寒い1日になりそうですので、外出の際は防寒対策を万全にしてお出かけください。外出されない方も上着を羽織ったり、適切なエアコンの使用で快適な室温を保ったりして体を冷やさないようにしてお過ごしください。

 昨日は部分入れ歯の構造をご紹介しましたが、今日はどんな部分入れ歯が良い部分入れ歯なのかということをご紹介します。

 それは端的に言うと「しっかり噛める」こと。ではしっかり噛めるとはどういうことかというと「噛んだ時に動かない」ということです。噛んだ時にぐらついたり、浮き上がったり沈んだりしてしまってはとても食べづらく、また痛みを伴うことにもなってしまいます。

 動いてしまう入れ歯は噛んだ時の力が入れ歯から顎全体にうまく分散されず、入れ歯も残った歯も歯ぐきも傷んでしまいます。動かない入れ歯の実現に必要なのが昨日ご紹介したレスト、クラスプ、小連結子の3つです。

 クラスプは部分入れ歯のバネとして知られています。よく目立つ位置にあり、このバネが部分入れ歯の安定に一番大切と思われる方も多いかと思いますが、実は安定のために最も大切なのはレストです。

 レストは部分入れ歯の支えとなる歯の噛む面に収まります。もしもレストがないと入れ歯は噛む力を受け止めるために歯ぐきに沈み込み、上下にぐらぐら動いてしまいます。

 クラスプは支えとなる自歯の側面を抱きかかえるように引っ掛かります。小連結子は支えとなる歯の裏側に沿うように位置します。噛める入れ歯、つまり動かない入れ歯はこの3つが支えとなる自歯に隙間なく接しています。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#ブログ

#部分入れ歯

#人工歯

#義歯床

#連結子

#クラスプ

#レスト

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページのトップへ戻る