仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 冷え症

いずみ中山歯科のブログ

冷え症


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にあるいずみ中山歯科 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は昨日からの雪も未明には上がり上空には薄雲がかかっているようですが晴れです。今日はこのまま概ね晴れの予報ですが気温は上がらず、今朝の最低気温は-2.0℃、日中の予想最高気温は4℃と今日は陽射しがあっても真冬並みの寒い1日になりそうです。外出の際は防寒対策をしっかりとしてお出かけください。また外出されない方も上着を羽織ったり、適切なエアコンの使用で快適な室温を保ったりして体を冷やさないようにしてください。また、インフルエンザの警報が全県に発令された状態で1医療機関当たり57.49人と北海道に次いで全国2位となっています。また、新型コロナも全都道府県で前の週を上回りました。新型コロナの感染者数の水準はまだ低いもののインフルエンザとの同時流行のリスクを回避するためにも、人混みでのマスク着用や換気、手洗い、消毒など推奨されている感染症対策も適宜行うようにしてお過ごしください。

 寒さが一段と増した昨日や今朝など体の冷えを感じた方も多いのではないでしょうか。そんな体の冷えを季節的なものだと思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、冷え症は冬に限ったものではなく、夏でもエアコンの使用、冷たい飲料がすぐ手に入る生活環境などがあり人間に本来備わっている体温調節機能が鈍くなり体内を内側から冷やしてしまう機会も増えています。また、現代人の誰しもが感じているであろうストレスも冷え症の大きな原因の一つになるそうで、自律神経がストレスにより影響を受けて体温調節機能が鈍くなるそうです。

 一般的には低血圧や貧血の方が冷え症に悩んでいることが多いそうですが、元来人間には体温を一定に保つ機能が備わっています。ただ、血流が悪くなると栄養やエネルギーを運べなくなり毛細血管までしっかりと行き渡らなくなり、その結果体温調節が上手くいかずに冷え症になってしまいます。

 血流を悪くする原因として、ストレスによる自律神経の機能低下や動脈硬化などが挙げられます。逆に血流をよくするためには適切な睡眠時間の確保や栄養バランスの取れた食事など規則正しい生活が基本になります。

 冷え症は女性に多いとされていますが、それは冷え症の主な原因である自律神経の不調が女性ホルモンの乱れから起きるからだそうです。妊娠や更年期をきっかけに体が冷えるようになる方が多いのもそのためだそうです。それ以外にも、無理なダイエットによるホルモンバランスの乱れや生理不順など婦人科系の障害もあり、その様な場合は我慢せずに婦人科を受診するようにしてください。

 この時季になると冷え症でなくても体が冷えるものです。感じられた「冷え」が季節的なものなのか冷え症によるものなの分からないという方も多いと思いますので、次のチェック表で冷え症度をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 チェック表で確認した結果、チェックはいくつありましたでしょうか?チェックの数が2~3個の方は要注意です。4~5個の方は冷え性対策が必要です。6個以上の方は重度の冷え症のおそれがあります。

#いずみ中山歯科

#予防歯科

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#メインテナンス

#ブログ

#冷え症

#エアコン

#冷たい飲み物

#ストレス

#自律神経

#動脈硬化

#女性ホルモン

#ホルモンバランス

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページのトップへ戻る