仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 歯への有効成分配合歯磨き粉

いずみ中山歯科のブログ

歯への有効成分配合歯磨き粉


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は多少雲☁が見られるものの気持ちの良い秋晴れ🌞です。今日は概ねこのまま晴れ🌞て、日中の予想最高気温22℃、からっと心地よい1日になりそうです。それでも昨夜からの最低気温は15℃を下回り、朝もひんやりと感じる空気で、日中との気温差が大きくなっています。上着を羽織ったり、適切にエアコンを使用したりするなどして体を冷やさないようにご注意ください。

 さて突然ですが、皆様は歯の表面が何からできているかご存じでしょうか?

 歯の表面を覆うエナメル質は人体の中でも最も硬い組織で、その97%がハイドロキシアパタイトというリン酸カルシウムの一種で構成されています。

 ハイドロキシアパタイトの結晶は硬いですが、酸に弱く、むし歯菌の出す酸や酸性の飲食物により結晶内のミネラルが溶け出てしまいます。歯を磨かずに放置していると唾液による再石灰化はあっても、多くの方は歯が溶けていくスピードが速くむし歯になってしまいます。再石灰化に必要なカルシウムなどですが、これらはチーズを食べたり牛乳を飲んだりしてカルシウムを摂取しても胃に入っていくものは歯に効果はありません。

 そこで重要なのがカルシウム成分配合の歯磨き粉です。歯磨き粉に含まれるカルシウム成分のうち「薬用成分」としてむし歯予防に有効と認められているのは「薬用ハイドロキシアパタイト(mHAP)」で、そのサイズはナノ粒子(1nm=1/100万mm)という小ささでむし歯菌よりもずっと小さなサイズです。ただし、ハイドロキシアパタイトと表記されていても「ナノ」が付いていなかったり「薬用」と表記が無かったりするものは薬用成分ではないのでご注意ください。

 またハイドロキシアパタイト以外にも「CPP-ACP」という牛乳由来の非結晶リン酸カルシウムがあります。さらに、「リン酸三カルシウム」という成分もフッ素とともに歯の結晶を強化する研究報告もされています。なお、炭酸カルシウムやリン酸水素カルシウムはカルシウム成分の一種ではありますが、清掃剤として歯磨き粉に含まれているもので再石灰化の促進にはつながりません。

 薬用ハイドロキシアパタイトは、

1.歯の表面にできたミクロの傷の修復

2.歯の表面に付着した細菌を吸着して除菌

3.酸によって歯の結晶からミネラルが抜け出た部分にナノ粒子が入り込んで再石灰化を促す

という3つの作用でむし歯予防を行ってくれます。薬用ハイドロキシアパタイトは溶け出た歯の成分が歯に戻るスピードを上げるフッ素とは異なり、ミネラルの補給によって歯の結晶を整えてむし歯予防をしてくれます。

 歯の表面が荒れていたり、初期むし歯を積極的に修復したりしたいのであれば歯磨き粉のミネラル補給効果も活用してください。

 ご自身の歯の状況に合わせてフッ素配合の歯磨き粉が良いか、薬用ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉が良いのかを選ぶことが大切で、ご自身の歯や歯ぐきの状況にあった歯ブラシと歯磨き粉の組合せも大切になります。

 先にご紹介した薬用ハイドロキシアパタイトなどの有効成分を配合した歯磨き粉はいずみ中山歯科では次の写真のとおりクリンプロ歯みがきペースト、MIペースト、ホームケアペーストアパガードRENAMELを取り扱っております。

 いずみ中山歯科では予防歯科に重点を置いて歯磨き指導にも重点を置いていますので、歯ブラシ選び、歯磨き粉選びに悩んだらお気軽にスタッフまでお声がけください。

#いずみ中山歯科

#予防歯科

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#ブログ

#薬用ハイドロキシアパタイト

# mHAP

# CPP-ACP

#ミネラル補給

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページのトップへ戻る