仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > インプラント治療の流れ

いずみ中山歯科のブログ

インプラント治療の流れ


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は朝の早い時間帯は陽も射していたものの8時頃には雲が広がってきました⛅。それでも午前中は陽が射す時間帯もありそうですが、次第に雲が厚くなり、午後には梅雨空に戻って雨☔が降り出すようです。今朝の最低気温は20℃と清々しさを感じる涼しさでした。日中の予想最高気温は29℃と昨日より5℃ほど低い予報で暑さも一段落と感じられそうですが、それでも夏日で熱中症には警戒がひつようになります。こまめな水分補給(喉が渇いていなくても飲むくらいが良いそうです)と適切なエアコンの使用で熱中症対策を万全にしてお過ごしください。いずみ中山歯科では、待合室内にウォーターサーバーを設置していつでも水分補給をして頂けるよう準備しております。来院されましたら先ずはコップ一杯のお水で喉と体を潤すようにしてください。

 引き続きインプラント治療のご紹介で、今日は治療の流れをご紹介します。インプラント治療では一次手術と二次手術の2回の手術を行う「2回法」と1回の手術で行う「1回法」の2通りあります。

 2回法は、インプラントを埋入後に一度歯ぐきを閉じてインプラント体と顎の骨の結合を待って、その後2度目の手術でインプラントの頭を出してアバットメントを取り付けます。

 一方、1回法はインプラント埋入と同時にアバットメントを取り付ける方法で、手術が1回で済み、2回法と比較して治療期間を短縮することができます。

 2回法は適応症例が広く、より慎重に治療を進めたい場合に採用されます。前歯の審美治療や再生療法が必要な方、持病のある方、タバコを吸う方などは通常2回法が適用されます。1回法は比較的治療条件の良いケースで選択されるのが一般的です。

 歯を失ったままにしておくと残された歯の歯並びがずれてきたり、しっかりと噛み砕けずに消化不良を起こしやすくなったり顎関節症、頭痛、肩こり、腰痛などなどお口の中だけでなく全身に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

 残念ながら歯を失ってしまったら、ブリッジ、入れ歯、インプラントのそれぞれの長所と短所を理解した上で歯科医師と相談した上で納得して治療方法を選択して頂ければと思います。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#ブログ

#ブリッジ

#入れ歯

#義歯

#インプラント

#1回法

#2回法

#再生療法

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
ページのトップへ戻る