仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > インプラント治療のバリエーション

いずみ中山歯科のブログ

インプラント治療のバリエーション


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は雲が多いものの晴れ🌤です。午前中はしばらく陽が射してくれそうですが、大気の状態が不安定になってきて次第に雲が広がり、午後にはにわか雨⛈や突風など天気の急変にご注意ください。今朝の最低気温は25℃を超えとうとう熱帯夜となりました。午前8時には既に29℃を超えてじっとしていても汗ばんでくる気温まで上昇していました。日中の予想最高気温は31℃と昨日より若干下がりますが今日も熱中症には厳重な警戒が必要になります。こまめな水分補給(喉が渇いていなくても飲むくらいが良いそうです)と適正なエアコンの使用で熱中症対策を万全にしてお過ごしください。いずみ中山歯科では、待合室内にウォーターサーバーを設置していつでも水分補給をして頂けるよう準備しております。来院されましたら先ずはコップ一杯のお水で喉と体を潤すようにしてください。

 昨日に引き続きインプラント治療のご紹介です。インプラントと一言で言っても前歯の審美治療、奥歯の治療、複数本の治療など様々な状況でのインプラント治療があります。

 前歯の周囲の骨はもともと薄くてボリュームがないため、インプラントの埋入が難しい場所です。さらに歯周病の炎症によって歯槽骨が減ってしまっているとインプラントに必要な骨量が確保できないため、再生療法で骨を増幅したり形成外科で痩せた歯ぐきを増やしたり、きれいな歯ぐきのラインを作るなどの予備治療が必要になることがあります。

 奥歯の治療では、歯を失った後の歯槽骨は歯を支えるという役割を失って急速に痩せてしまいます。インプラントを入れるか悩んでいる間にも骨が減ってしまい、いざ治療を始めようという時に不利になってしまうので治療を行うタイミングには気を付けてください。また、上顎の奥歯にインプラントを埋入する場合、すぐ近くに鼻腔があって骨が足りないことがあります。その場合、インプラントが安定して結合するように骨を増やす手術(上顎洞底挙上術)をすることがあります。

 その他、奥歯を複数失った場合、残された歯に負担が掛かってさらに歯を失うリスクが高くなってしまうので、残っている自歯を守るためにインプラントを入れて噛む力を分散させるために重要な治療です。

 歯を失ったままにしておくと残された歯の歯並びがずれてきたり、しっかりと噛み砕けずに消化不良を起こしやすくなったり顎関節症、頭痛、肩こり、腰痛などなどお口の中だけでなく全身に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

 残念ながら歯を失ってしまったら、ブリッジ、入れ歯、インプラントのそれぞれの長所と短所を理解した上で歯科医師と相談した上で納得して治療方法を選択して頂ければと思います。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#ブログ

#ブリッジ

#入れ歯

#義歯

#インプラント

#噛む力の分散

#自歯を守るための治療

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページのトップへ戻る