仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > インプラント治療

いずみ中山歯科のブログ

インプラント治療


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は多少雲が見られるものの晴れ🌤です。昨夜から今朝にかけての最低気温は24℃と熱帯夜に近い気温で寝苦しい夜になりました。今日も午前8時前には既に28℃を超えて動くと湿度も高くとても蒸し暑い朝になりました。日中の予想最高気温は34℃と暑かった昨日よりさらに気温が上昇して猛暑日一歩手前まで上がるようで、熱中症には厳重な警戒が必要になります。こまめな水分補給(喉が渇いていなくても飲むくらいが良いそうです)と適正なエアコンの使用で熱中症対策を万全にしてお過ごしください。いずみ中山歯科では、待合室内にウォーターサーバーを設置していつでも水分補給をして頂けるよう準備しております。来院されましたら先ずはコップ一杯のお水で喉と体を潤すようにしてください。

 歯を失った時に歯を補う治療として行うブリッジ、入れ歯(義歯)、インプラントといった治療方法がありますが、その中のインプラントについてご紹介します。

 インプラントについては以前にもご紹介しましたが、インプラント体という金属を歯槽骨に埋め込んで、その先にアバットメントと言われる連結パーツを繋ぎ、さらにその先に上部構造(人工歯)を付けて治療が完了となります。

 インプラント治療の特長は歯槽骨とがっちり結合することで自立できるということです。つまり、隣接する歯に負担をかけずにすみます。この特長を持つ治療法は現状ではインプラントの他にはありません。

 一方、欠点もあります。手術が必要、治療期間が長い、予備治療に時間が掛かることがある、自費治療であるなどが挙げられます。信頼性の高い材料と機器、器具を用い、綿密な検査と治療計画を立案して、感染症対策、インプラント知識を専門的に学んで訓練されたスタッフが治療するのでどうしても高額な治療費が生じてしまうということをご理解いただきたいところです。

 歯を失ったままにしておくと残された歯の歯並びがずれてきたり、しっかりと噛み砕けずに消化不良を起こしやすくなったり顎関節症、頭痛、肩こり、腰痛などなどお口の中だけでなく全身に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

 残念ながら歯を失ってしまったら、ブリッジ、入れ歯、インプラントのそれぞれの長所と短所を理解した上で歯科医師と相談した上で納得して治療方法を選択して頂ければと思います。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#ブログ

#ブリッジ

#入れ歯

#義歯

#インプラント

#長所と短所

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページのトップへ戻る