仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 歯の神経を取りたくない理由

いずみ中山歯科のブログ

歯の神経を取りたくない理由


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は曇り☁です。今朝の最低気温は22℃ほどで湿度がやや高いですが比較的過ごしやすい朝になっています。日中の予想最高気温は31℃と昨日より3℃ほど高い真夏日になる予報でした。午前中は雲が多めですが、次第に太陽が姿を見せるとともに気温も上がってきます。ただ、午後になるとところによりにわか雨⛈の予報も出ていたので、天気の急変にはご注意ください。今日は真夏日になりそうなので熱中症には厳重な警戒が必要です。こまめな水分補給と適正なエアコンの使用を心掛けるようにしましょう。いずみ中山歯科では待合室にウォーターサーバーを設置しております。来院されましたら先ずはコップ一杯の水分補給で体を潤していただければと思います。

 今日は今月医院の入口に掲示している案内板の片面をご紹介します。

 今回は「歯の神経を取りたくない理由」についてご紹介しています。

 痛みやしみるという感覚を感じたくないから歯の神経が無い方が良いかなとお思いの方もいらっしゃるそうですが、歯科では極力神経を残す方針で治療を進めています。その理由は2つあります。

 1つ目は、痛みを感じなくなってしまうため。痛みやしみるという感覚はできれば感じたくない感覚なのでなくなってほしいものかもしれません。しかし、この感覚があるからこそむし歯などの異変を早期に気づくことができます。

 2つ目は、歯がボロボロになってしまうため。歯の神経には歯に栄養を届ける血管が通っています。神経を取ってしまうことで歯に栄養が届かなくなり、歯が枯れ木のようにもろくなり、欠けやすくなってしまいます。

 神経には痛みに気づく、歯に栄養を届けるというとても重要な役割があるため、できる限り神経を残せるように最善の治療を心掛けています。

 しかし、どうしても神経を残せない場合もあります。それはむし歯の進行度。むし歯が進行してしまっているとやむを得ず神経を取らなくてはならない場合もあります。神経を取ると痛みを感じなくなりますが、むし歯にならなくなるわけではありません。むしろ、むし歯になっても気づきにくくなるので、歯科で定期的なチェックを受けて、早期発見と早期治療に努めるようにしてください。

#いずみ中山歯科

#予防

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#定期検診

#歯科衛生士

#歯の神経を取りたくない理由

#歯の栄養

#痛みを感じる

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページのトップへ戻る