仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 仙台の子供のお口の中1

いずみ中山歯科のブログ

仙台の子供のお口の中1


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝も仙台市南中山周辺は梅雨空で雨も降ったり止んだりしています。今朝の最低気温は19℃ほどと天気はいまいちでも暖かくすこしジメジメ感も感じる朝でした。日中もこのまま雨☔が降ったり止んだりの天気で予想最高気温は23℃と昨日より4℃ほど低い予報です。気温はあまり上がらなくても湿度が高めなので知らず知らずのうちに汗をかいていることもあるので、こまめな水分補給を心掛けて熱中症対策は怠らないようにしましょう。

 今日から3回にわたって仙台歯科医師会と地域保健委員会が取りまとめた仙台市のお子様のお口の中の健康状態をご紹介したいと思います。歯と口は全身の健康の入口です。糖尿病や心不全などの全身疾患とも関連があり日常からお口を清潔に保つことでこれらの病気にも好影響を与えてくれますので、小さい頃からしっかりとした歯みがきを見つけて口腔内を健全に保つ意識を養っていくことがとても大切になります。

 さて、お子様のお口のは、保護者の方の仕上げ磨きが必要な乳幼児期からご自分で歯を磨くようになる学齢期に移行する時期になります。ただ、乳歯のこの時期はむし歯になりやすく、且つ進行しやすい時期です。

 具体的には、1歳6か月のお子様の0.84%が既にむし歯になっていて、これが2歳6ヶ月になると3.46%と4倍以上に、さらに3歳になると10.76%とさらに3倍以上になり、3歳児では10人に1人以上がむし歯になった経験があるとのことです。

 また、むし歯が無くても1歳6ヶ月では口腔環境の良いO1型のお子様が51.2%で、口腔環境が悪くむし歯になるおそれがあるO2型のお子様が47.9%であるのに対し、2歳6ヶ月になるとO1型のお子様が35.8%、O2型のお子様が60.7%と逆転して、今後むし歯になる可能性がとてもたかまっています。

 1歳6ヶ月ではまだ乳歯が生え揃っていないにもかかわらず既にむし歯の有病者率が0.84%もあり、また、むし歯になっていなくても約半数のお子様は口腔環境が悪い状態になっています。これから迎える夏場の季節に熱中症対策として重要な水分補給の際には、砂糖の入ったジュースやスポーツドリンクは避けて、水やお茶で水分補給するように心掛けてください。

 2歳6ヶ月では乳歯20本が生え揃ってくる時期です。2歳6ヶ月のむし歯有病者率は3.5%で1歳6ヶ月児より4倍以上に増えています。食習慣の変化が原因で、砂糖の入ったジュースやスポーツドリンク、おやつの摂取が増えてくるからと考えられています。この時期にむし歯になりやすい奥歯の歯と歯の間や溝の部分を歯ブラシやデンタルフロスで整形つに保つように心掛けましょう。

 3歳になると乳歯が生え揃ったお子様がほとんどです。食べ物や飲み物も様々な種類が増えていき、むし歯有病者率は2歳6ヶ月児と比べてもさらに3倍以上に増えてきています。3歳くらいになると歯磨きを嫌がらずにできるようになる時期で、自分でも歯磨きを行うようになりますが、まだ上手に磨くことはできないので、必ず丁寧に仕上げ磨きをしてあげて下さい。

#いずみ中山歯科

#予防

#仙台市泉区

#南中山

#メインテナンス

#定期検診

#歯科衛生士

#ブログ

#乳歯

#仕上げ磨き

#親子で歯みがき

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
ページのトップへ戻る