仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > CRとは

いずみ中山歯科のブログ

CRとは


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は雲のない快晴🌞ですが、花粉の飛散なのか少し霞がかかったような青空になっています。今朝の最低気温は3℃ほどと昨日の日中の気温が高かったおかげで冷え込みは緩みました。日中もこのまま晴れの予報で、予想最高気温は21℃と5月下旬頃の陽気になるとのことです。気象統計を取り始めて約100年の歴史の中で、仙台で3月上旬に気温が20℃を超えるのは過去に2回しかないそうで、今日が3回目になるかもしれない珍しいことだそうです。今日は日中にお出かけの際は薄手の上着1枚お持ちになるくらいで良さそうです。外出されない方も陽射しを取り入れるとエアコンを点けずに過ごせそうな気もしますが、室内が少し寒いなと感じたら体調に合わせて温度設定を調節しながら適切にエアコンを使用し、併せて換気も心掛けるようにしてお過ごしください。

 今日は昨日に引き続き今月医院の入口に掲示している案内板のもう片面をご紹介します。

 昨日はつめものを長持ちさせるためには定期的なメインテナンスが重要であることをご紹介しましたが、今日はつめものの一種「CR」についてご紹介します。

 「CR」とは「コンポジットレジン」と呼ばれる歯の色に近いプラスチック素材のことです。ペースト状のプラスチック素材を歯の治療箇所に詰めて、専用の特殊な光を当てると固まります。

 CRのメリットは、保険が適用される、治療期間が1日で済む、金属アレルギーにならない、歯を削る量が少ない、歯の色に合わせられるなど多々あります。

 一方、デメリットは、大きいむし歯には使えない、金属の銀歯などと比べると強度が弱く割れたり擦り減ったりしやすい、少しずつ変色するなどが挙げられます。

 さらにCRは安価というメリットもありますが強度が弱いので外れたり、欠けたりしやすいので、その都度通院しなくてはならないというデメリットもあります。

 治療の選択肢として検討する際は、メリット、デメリットについて歯科医師と十分に相談の上選択するようにしましょう。

 昨日の新規感染者は仙台市で92人、宮城県全体では291人で前週の火曜日より4人の減少となり4日連続で前週同曜日比での減少となりました。新型コロナは減少傾向が続き、インフルエンザは注意報発表の条件は下回りましたが県内平均では横ばいが続いています。まだ寒い日もありますが暖かい日も増えてきています。何とか換気や手洗い・うがいなど基本的な感染症防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を徹底していきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科

#予防

#仙台市泉区

#メインテナンス

#定期検診

#歯科衛生士

#ブログ

#CR

#コンポジットレジン

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
ページのトップへ戻る