仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > インプラントのメインテナンス2

いずみ中山歯科のブログ

インプラントのメインテナンス2


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝も仙台市南中山周辺は快晴🌞です。昨日も快晴でしたが、昨日とは打って変わって風が無く、朝の空気はキリっと冷たいものの朝から陽射しは気持ちよく降り注いでくれています。今朝の最低気温は-2℃ほどまで冷え込みましたが、日中の予想最高気温は16℃4月中旬の桜の咲くころの陽気になるようです。朝晩はまだコートがあってもよさそうですが、日中に外出される方は少し春めいた服装でお出かけできそうです。外出されない方も陽射しが多く降り注ぐ部屋ではエアコンの温度をいつもより下げたり、消したりしても重ね着をしていれば過ごせそうです。寒さを感じない程度に無理のない範囲でエアコンの温度調節、電源のオンオフをして節電を心掛けるようにしましょう。体調に留意しながら適切にエアコンを使用し、併せて換気も心掛けるようにしてお過ごしください。

 今週は歯を失った後の治療の1つインプラントについてご紹介しています。インプラントは失った自歯と同じように「噛む力」を取り戻せます。ただ、どうしても天然歯と比べると弱点ができてしまいます。

 1つ目は「歯ぐきの繊維のバリアがない」こと。天然歯には歯ぐきの内部に繊維が伸びて歯と密接に絡みついています。これは、歯と歯ぐきの付着を強化するだけでなく、体内への細菌の進入を防ぐ役割をしています。歯を失うとこれらの繊維の多くを失ってしまうため、インプラントの周囲の歯ぐきは細菌に弱く歯周病になりやすい状態になります。

 2つ目は天然歯には歯の根と顎の骨の間に「歯根膜」という膜があります。厚さ0.5mmにも満たない薄い膜ですが、伸縮する無数の繊維が歯の根と顎の骨を強固に結びつけています。歯根膜は歯の根と顎の骨の間にあるクッションの役目をしていて、噛んだ時に様々な方向から生じる衝撃を分散、吸収させて過剰な力が顎の骨に加わらないようにしています。また、噛んだ時に硬さや感触を感知して、無意識のうちに噛む力を調節する機能も果たしています。一方、インプラントは人工歯根(インプラント体)と顎の骨が直接結合しています。クッションやセンサーの働きをする歯根膜が無いのでその分過剰な噛む力によってトラブルが起きやすくなっています。

 このようにインプラントは天然歯と比較するとどうしても弱点ができてしまうので、トラブルを未然に防ぐためにも定期的な歯科受診が大切になります。

 昨日の新規感染者は仙台市で100人、宮城県全体では187人で前週の月曜日より67人の減少となり7日連続で前週同曜日比での減少となりました。新型コロナは減少傾向が続いていますが、インフルエンザはまだ増加傾向で県内に注意報が発表されています。昨日も雪が降ったようにまだ寒い日もありますが何とか換気や手洗い・うがいなどを心掛け基本的な感染症防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を徹底していきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科

#予防

#仙台市泉区

#メインテナンス

#定期検診

#歯科衛生士

#ブログ

#インプラント

#インプラント体

#人工歯根

#歯根膜

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページのトップへ戻る