仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > プラスチック資源回収の拡大

いずみ中山歯科のブログ

プラスチック資源回収の拡大


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は晴れ🌤です。最低気温は未明に記録した-2℃ほどと冷え込みました。8時の時点でもまだ1℃ほどと寒い朝になっていますが、日中の予想最高気温は9℃と昨日より5℃ほど高い予想で陽射しの温もりを感じられる1日になりそうです。今日は気温が上がるので日陰の氷も少し融けそうですが、ガチガチに凍っている箇所は融けきらない箇所もまだありそうです。外出される方は凍結箇所に気を付けてお出かけください。外出されない方も重ね着をして寒さ対策を行ったうえで、陽射しを取り入れて室内を温めるなどして無理のない範囲でエアコンの温度を下げて節電を心掛けるようにしましょう。体調に留意しながら適切にエアコンを使用し、併せて換気も心掛けるようにしてお過ごしください。

 今日は私たちの日常生活にも大きく関連するニュースをご紹介します。

 これまで、プラごみ(プラスチックごみ)と呼んでいたものですが、近年の呼び名はプラ資源(プラスチック資源)と呼ばれています。ごみではなく資源と捉えて回収しているので当然で、自分でも分別して出してはいましたが未だにプラごみと言っていたのでちょっと反省です。

 さて、このプラ資源の回収ですが、これまではプラスチック製容器包装などが資源回収としての対象で、カップラーメンや卵、ソースや醤油、マヨネーズ、シャンプー、パンやお菓子の袋などなど「プラの文字を🔃で囲む」マークの付いたものが回収の対象となっていました。

色々な物に表示されたプラ資源マーク

 しかし令和5年4月から回収の対象が少し拡大されるそうです。今まで回収対象のものはそのままで、さらに製品プラスチックが追加されることになったそうです。

 製品プラスチックの一例としては、プラスチック製のバケツやかご、ハンガー、歯ブラシ、ヘアブラシ、定規やクリアファイル、おもちゃ、塵取りやジョウロ、植木鉢、スプーンやフォーク、ストローなどなど。金属のパーツが含まれていない製品に対象が広がるとのこと。

 また、洗濯ばさみやボールペンなどは金属部分を、メガホンなどは布製の紐などを、プラスチック以外のものを取り外せば回収の対象になるそうです。

 有料指定袋も若干変わるようですが、現在の赤いプラスチック製容器包装の指定袋もそのまま使えるそうです。

 ごみの分別、少量化に努めながら快適な暮らしを過ごせるよう各地方自治体のごみの出し方を守っていくようにしましょう。

 一昨日の新規感染者は仙台市で334人、宮城県全体では669人で前週の水曜日より4人の増加、昨日は仙台市で227人、宮城県全体では484人で前週の木曜日より120人の減少となりました。水曜日は前週より4人増加で29日ぶりに前週同曜日比で増加となりましたが、昨日は120人と比較的大きな減少になりました。新型コロナは減少傾向が続いていますが、インフルエンザは県内に注意報が発表されています。まだまだ寒い日もありますが何とか換気や手洗い・うがいなどを心掛け基本的な感染症防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を徹底していきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科

#予防

#仙台市泉区

#メインテナンス

#歯科衛生士

#ブログ

#ごみ分別

#資源回収

#プラスチック資源

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
ページのトップへ戻る