仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > スポーツ選手は特に予防を心掛けましょう

いずみ中山歯科のブログ

スポーツ選手は特に予防を心掛けましょう


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は晴れ🌤です。今朝の最低気温は-1℃ほどと少し冷え込みも弱まり、8時の時点では既に3℃まで上がってきました。日中の予想最高気温は10℃と昨日より3℃ほど高い予想で3月中旬頃の陽気になるようです。晴れたり曇ったりの天気予報ですが、陽射しがあると少し温もりを感じられる1日になりそうです。今日は気温が上がるので日陰の氷も少し融けそうですが、しっかりと凍っているので融けきらない箇所もまだありそうです。外出される方は凍結箇所に気を付けてお出かけください。外出されない方も重ね着をして寒さ対策を行ったうえで、陽射しを取り入れて室内を温めるなどして無理のない範囲でエアコンの温度を下げて節電を心掛けるようにしましょう。体調に留意しながら適切にエアコンを使用し、併せて換気も心掛けるようにしてお過ごしください。

 先週一週間、スポーツを行う人ほどむし歯、歯周病、酸蝕症などの歯科疾患に要注意ということをご紹介しました。スポーツを続けている人は小学生頃から地域の少年チームに入り始め、中学生になると部活動などでほぼ毎日のように練習を行います。それでも小学生の頃は親御さんに連れられて歯医者さんに通われることもありますが、中学生になると部活が忙しかったり、親との行動を気恥ずかしがったりして歯医者さんに通わなくなってしまうことが多くなります。このような事情から中高生頃からむし歯が増えるというデータがあるそうです。中学生や高校生で運動部に入ると特に歯医者に通えなくなり、さらに下校時などに空腹で間食が増えたり、練習で疲れて就寝前の歯みがきがおろそかになったりしてしまいます。歯が痛いなと思って歯医者さんに行ったらそれ以外の歯もむし歯だらけということがよくあるそうです。

 口はスポーツ選手のパフォーマンスとのつながりも深く、噛み合わせの良い口は軸のぶれない走りや、ジャンプ時のバランスの良い空中姿勢、爆発的な瞬発力の発揮などに関係していることがスポーツ歯学の研究で明らかになっているそうです。むし歯が無く、奥歯でしっかり噛める口は運動能力を最大限に発揮するための必須条件になります。また、口の中の歯と歯ぐきの健康は運動に必要な栄養とエネルギーを体内に取り入れる入口で、健康な体を維持する礎と言っても過言ではありません。

 運動部の学生さんから趣味で運動を楽しまれている方まで、運動時の水分補給や間食、就寝前の歯みがきなど歯と歯ぐきへのリスクを知って接種時の注意点を守って予防に努めるようにしてください。いずみ中山歯科では予防に重点を置いて、歯磨き指導や食事指導、ナイトガード(マウスピース)作製などを行っていますのでスタッフにお気軽にご相談ください。

 一昨日の新規感染者は仙台市で308人、宮城県全体では660人で前週の土曜日より321人の減少、昨日は仙台市で227人、宮城県全体では511人で前週の日曜日より193人の減少となり19日連続での減少となりました。新型コロナの第8波は新規感染者の確認が1,000人未満の日が続くようになり少しずつ落ち着いてきましたが、先週金曜日発表のインフルエンザはまだ増加傾向にあります。寒くても何とか換気や手洗い・うがいなどを心掛け基本的な感染症防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を徹底していきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科

#予防

#仙台市泉区

#メインテナンス

#歯科衛生士

#ブログ

#スポーツ選手

#定期健診

#むし歯

#歯周病

#酸蝕症

#唾液

#スポーツドリンク

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
ページのトップへ戻る