仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 電子処方箋の運用開始

いずみ中山歯科のブログ

電子処方箋の運用開始


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今日の仙台市南中山周辺は明け方は曇り☁でしたが7時頃から⛄雪❄が降り始めました。今朝の最低気温は未明に記録した-4.0℃ほどで明け方には一度0℃近くまで気温が上昇しましたが今はまた-2.0℃ほどまで下がっています。日中の予想最高気温は1℃で次第に晴れてくる予報ですが、南中山周辺は泉ヶ岳方面から雪が流れ込みやすいので降ったり止んだりの1日になりそうです。外出される方は、歩道などは雪が融けずに凍結した上に新たな雪が積もり始めていますので転倒には十分に気を付けてお出かけください。外出されない方も重ね着をして寒さ対策を行ったうえで、無理のない範囲でエアコンの温度を下げるなどして節電を心掛けるようにしましょう。体調に留意しながら適切にエアコンを使用し、併せて換気も心掛けるようにしてお過ごしください。

 先日、電子処方箋運用開始というニュースを目にしました。厚生労働省のホームページを確認したところ電子処方箋とは「電子的に処方箋の運用を行う仕組であるほか、複数の医療機関や薬局で直近に処方・調剤された情報の参照、それらを活用した重複投薬チェックなどを行えるようになります。」とありました。

 電子処方箋のメリットは、患者様が情報の公開に同意することで、複数の医療機関・薬局をまたがる過去のお薬情報を医師・歯科医師・薬剤師と共有できることで、同じ成分のお薬をもらうこと(重複投薬)や良くないお薬の飲み合わせを防ぐことができ、安心安全な医療に繋がるということでした。

 電子処方箋に対応している医療機関であれば、健康保険証を持参しても患者様の希望により、電子処方箋を発行することができるそうです。ただし、マイナンバーカードを利用することで、本人同意のもとで過去のお薬の情報を医療機関に提供して、より質の高い医療を受けることができるため、マイナンバーカードの利用を推奨しているそうです。

 また、医療機関で電子処方箋を発行してもらった場合で、患者さん本人が薬局の受付でマイナンバーカードを使わない場合(代理人が受け取る場合など)には、電子処方箋と一緒に発行される「処方内容(控え)」に記載されている「引換番号」や健康保険証に記載されている情報を伝えることで受け取ることができるそうです。

 なお、いずみ中山歯科ではお薬は院内処方を行っており電子処方箋には対応していないので、お薬手帳の持参をお願いしております。

 昨日の新規感染者は仙台市で366人、宮城県全体では923人で前週の金曜日より276人の減少となり10日連続で前週同曜日比での減少となりました。また、宮城県のインフルエンザは前週の発表では1.66でしたが昨日は2.33、全国平均も前週の7.37から9.59に増加しています。新型コロナ、インフルエンザの流行が継続しています。各自が基本的な感染症防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を徹底して減少傾向に転ずるよう努めていきましょう。これ以上、医療従事者の負担を増大させないためにも、楽しいお正月を安心して過ごすためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#歯科衛生士募集中

#仙台市泉区

#メインテナンス

#ブログ

#電子処方箋

#健康保険証

#マイナンバーカード

#重複投薬

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
ページのトップへ戻る