仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 歯科治療を手助けしてくれるアイテム「ルーペ(拡大鏡)」

いずみ中山歯科のブログ

歯科治療を手助けしてくれるアイテム「ルーペ(拡大鏡)」


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は7時過ぎまでは朝日🌅がまぶしかったですが、8時頃には雲が広がってきました。今朝は放射冷却で冷え込み最低気温は-1℃まで下がりました。日中の予想最高気温は6℃と昨日とほぼ同じですが、陽射しがないので寒さを感じる1日になりそうです。外出される方はしっかりと防寒対策をしてお出かけください。外出されない方も重ね着をして寒さ対策を行ったうえで、無理のない範囲でエアコンの温度を下げるなどして節電を心掛けるようにしましょう。体調に留意しながら適切にエアコンを使用し、併せて換気も心掛けるようにしてお過ごしください。

 今日は歯科で診療やメインテナンスを行う際に手助けしてくれるアイテムの1つ「ルーペ(拡大鏡)」をご紹介します。

 ルーペは、歯を拡大して見るための虫眼鏡のような道具です。ただ虫眼鏡🔍では片手が塞がってしまうので眼鏡👓型に作られています。ルーペを使用すると肉眼では見えなかった歯の微細な凹凸やむし歯、隠れた根管、詰め物や被せ物などの補綴物と歯ぐきの間の隙間、歯のヒビ・破折などがしっかりと確認できるため歯を削る量も最低限に抑えることが出来ます。口の中の暗い所もライトで明るく照らして視界も良好です。

 裸眼に比べて対象箇所が拡大されて見えるので精密な治療だけでなく、歯科衛生士によるメインテナンスを行う際にも歯の表面にできたごく初期の虫歯なども発見しやすくなります。

 ルーペを使うことで虫歯の早期発見や診断・診療の精度がとても上がるので、歯科医師、歯科衛生士にとってはとても大切なアイテムです。

 昨日の新規感染者は仙台市で1,960人、宮城県全体では3,960人で前週の金曜日より1,331人の増加となり11日ぶちに前週同曜日比での増加となってしまいました。また、インフルエンザも前週の1.57から1.24に若干減少しましたが、2週続けて1.0以上で流行期に入ったと発表されました。年末年始の人の移動もあり、新型コロナ、インフルエンザともある程度増加してしまうことは仕方ないですが、ここから増加が継続しないように各自が基本的な感染症防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を徹底して減少傾向に転ずるよう努めていきましょう。これ以上、医療従事者の負担を増大させないためにも、楽しいお正月を安心して過ごすためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科

#予防

#歯科衛生士

#歯科衛生士募集中

#仙台市泉区

#メインテナンス

#ブログ

#ルーペ

#拡大鏡

#歯科

#アイテム

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページのトップへ戻る