仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 歯石とは

いずみ中山歯科のブログ

歯石とは


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は雲間から少し青空が見られるものの曇り⛅です。少し見られる青空も次第に雲に覆われ、今日は1日曇りで、夜になると雨☔が降り出す地域もあるようです。日中の予想最高気温は28℃と真夏日手前の暖かさになるようですが、この暖かさも今日まで。明日以降の予想最高気温は20℃前後になりますので、気温差による体調変化に十分にお気を付けください。今日はこの数日の中でも暑くなりますので、こまめな水分補給や適切なエアコンの使用で室温を28℃以下に保つなど熱中症にはご注意ください。いずみ中山歯科では、待合室奥にウォーターサーバー(飲料水)をご用意しております。来院されましたらまずはコップ1杯のお水を飲んで一息ついていただければと思います。

 今日は今月医院の入口に掲示している案内板の片面をご紹介します。

 歯🦷は毎日磨いていてもどうしても磨き残しが出てしまいます。そうするとプラーク(歯垢)が付着、増殖し、これが次第に歯石へと変化していきます。

 先にも書いた通り、歯石の原因はプラーク(歯垢)です。白くネバネバしたプラークは単なる食べかすではなく細菌の塊です。このプラークに唾液に含まれるリン酸やカルシウムが沈着して石灰化して固まったものが歯石です。歯石とはいわば「細菌の化石」だそうです。

 この歯石、表面がざらざらしていて細菌が付着しやすく、この細菌が歯ぐきの炎症を引き起こし、さらに歯石を増やしながら歯ぐきの下に入り込んでいきます。細菌が歯を支える骨(歯槽骨)に到達すると骨を溶かし始め、やがて歯が抜けてしまいます。これこそが歯を失う原因の1位「歯周病」です。歯石を取り除くことは単なる掃除ではなく、歯周病を治療・予防する最も基本的な治療となります。

 さらに、歯みがき(セルフケア)をしっかりしているつもりでもプラークを完全に取り除くことは難しく、プラークは最短2日ほどで歯石へと変化してしまうこともあります。歯石はご自身の歯みがきでは取り除くことができません。必ず歯科医院でプロフェッショナルなケアにより取り除いてもらってください。無理に取り除こうとすると歯ぐきを傷つけてしまうことや細菌を拡散してさらに歯周病を広げるおそれもあります。定期的に歯科医院でのメインテナンスを受けることをお奨めします。

 歯科医院でのメインテナンスでは歯石除去だけでなく、歯周病やむし歯の早期発見が可能となり、それだけ歯の寿命を延ばすことにも繋がります。是非、定期的な歯石除去と口腔内のチェックを生活習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか。

 いずみ中山歯科では予防とメインテナンスに重点を置いていますので、定期健診などお聞きになりたいことがあればお気軽にスタッフまでお声がけください。

 昨日の新規感染者は仙台市で230人、宮城県全体では368人で前週の月曜日より146人の減少となりました。連休を挟んでやや増加する日もありましたが、概ね減少傾向は続いているようですので、引き続き基本的な新型コロナ感染防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を万全にして過ごしていきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページのトップへ戻る