仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 被せ物を長持ちさせるために1

いずみ中山歯科のブログ

被せ物を長持ちさせるために1


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は雨☔です。昨夜から降り出したことで気温が下がり昨夜は概ね21℃台で推移して快適に寝入ることができて熟睡できたように感じました。この雨☔は間もなく止みそうですが、午前中いっぱいはところにより降ったり止んだりすることもありそうですので、折り畳み傘を持ってお出かけされると良いかと思います。雨が上がると気温が急上昇する予想で日中の予想最高気温は31℃と真夏日の予想です。雨上がりで湿度が高くなるので、今日も熱中症には厳重な警戒が必要です。こまめな水分補給と室温28℃以下を保つ適切なエアコンの使用を心掛けるようにしましょう。また、エアコン使用の際、新型コロナ感染対策としての換気も行いましょう。いずみ中山歯科では、待合室奥にウォーターサーバー(飲料水)をご用意しております。来院されましたらまずはコップ1杯のお水を飲んで一息ついていただければと思います。

 今日は歯の治療で行われる被せ物についてご紹介したいと思います。実際に治療をして被せ物をされている方も多いかと思いますが、被せ物を取り付けて「治療は終わりです」と言われたら歯科医院に行かなくて良いなと思われていませんでしょうか?人工の被せ物が入ることで「歯が強くなった」と考えられる方もいらっしゃるそうです。

 被せ物による治療はむし歯ができたり、歯が欠けてしまったりした時にそのままではしみたり、見た目が悪かったりしてしまうので元の歯の機能と形を人工的に復元する治療です。

 被せ物自体は一定の耐久性を持っています。一方、被せ物の治療の耐久性を決めるのは歯ぐきの下に隠れている自分の歯の根です。被せ物の治療とは細菌に感染した部分を削って除去し、わずかに残った自歯を土台にすることで初めて可能となる治療方法です。つまり被せ物を支える土台となる歯はすでに傷んでいた歯で、ケアを怠るとむし歯や歯周病になるとすぐに悪化しやすい状態です。なので、被せ物の治療を行ったからといって歯科医院へ行くのを止めず、きちんと定期的な健診(メインテナンス)を受けて、土台となる自歯を守るようにしてください。

 いずみ中山歯科では、被せ物の治療はもちろん、その後のメインテナンスにも重点を置いて患者様の口腔内の健全性の維持に努めていますので、メインテナンスについてお知りになりたいことがあればスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

 昨日の新規感染者は仙台市で1,774人、宮城県全体では3,624人で前週の水曜日より575人の減少でした。前週が過去最多の4,199人でそれよりは減少しても過去3番目の感染者数で、やはり超高止まり状態です。お盆期間に人流が増えたことで、今後この数字以上に増加してしまうおそれもあります。何とか今がピークとなるようにとにかく基本的な新型コロナ感染防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を怠ることなく、1日でも早いピークアウトとなるための行動を頑張りましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページのトップへ戻る