仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 要注意な歯🦷の対処法

いずみ中山歯科のブログ

要注意な歯🦷の対処法


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は雲が厚く☁☁☁垂れ込めた朝で、8時過ぎから雨☔も降り始めました。明日にかけて雨が降ったり止んだりするようですので、しっかりとした傘をお持ちになってお出かけされると良いかと思います。今朝の最低気温は5時頃に記録した26.4℃で3日連続の熱帯夜となり、日中の予想最高気温は31℃と天気が悪いにもかかわらず真夏日の予想です。湿度が高く熱中症には最大限の注意が必要になります。こまめな水分補給と適切なエアコンの使用で室温を28℃以下に保つなどなど熱中症対策を万全にしてお過ごしください。いずみ中山歯科では、待合室奥にウォーターサーバー(飲料水)をご用意しております。来院されましたらまずはコップ1杯のお水を飲んで一息ついていただければと思います。

 昨日に引き続いて今日は今月医院の入口に掲示している案内板のもう片面をご紹介します。

 昨日は「こんな歯🦷は要注意」として、神経をとった歯、ブリッジの土台の歯、入れ歯を支える歯をご紹介しました。さらにこれら他にも歯ぐきから出血している歯もリスクがあり、今日はこれらのリスクのある歯への対処法をご紹介します。

・歯ぐきから出血している歯🦷・・・・・歯ぐきからの出血は歯周病菌が増殖して炎症を起こしている「歯周病」のおそれがあります。放置していると歯を支えている骨が溶けていずれ歯が抜けてしまうこわい病気です。歯周病は沈黙の病で、唯一のサインは歯みがきをしたときやリンゴ🍎を食べた時などに起こる歯ぐきからの出血です。対処法としては早急に歯科医院で検査して治療を受けるようにしてください。

・神経をとった歯・・・・・歯の神経には痛みを伝えるだけでなく「栄養を運ぶ」という大切な役目もあります。神経をとってしまった歯は栄養が不足して「枯れ木」のような状態で、痛みを感じにくいため虫歯になっていても気づきにくくなってしまっています。対処法としては歯科医院で定期健診を受け、虫歯を早期に発見することが大切です。

・ブリッジの土台の歯・・・・・ブリッジは健康な歯を削って、歯を失った箇所に橋を架けるようにして歯を補う治療です。しかし、ブリッジの下の隙間はプラークの格好のすみかになってしまい、虫歯や歯周病のリスクが格段に高くなってしまいます。対処法としては、歯間ブラシで隙間を掃除しましょう。また、土台の歯には大きな負担がかかるので、歯科医院での定期健診でチェックを受けることが大切です。

・入れ歯を支える歯・・・・・自歯と同じように入れ歯にも「デンチャープラーク」という細菌の塊が付着して、入れ歯を支える歯が虫歯や歯周病の原因になります。対処法としては、日ごろのお掃除でしっかりと汚れを落とすとともに、歯科医院で入れ歯の定期的なメインテナンスが大切です。

 いずみ中山歯科では、予防とメインテナンス(定期健診)に重点を置いてお口の健全な環境づくりから全身の健康に繋がるように皆様の口腔環境の改善にも努めていますので、お気軽にご相談ください。

 昨日の新規感染者は仙台市で1,816人、宮城県全体では3,276人で前週の火曜日より772人の増加で火曜日としては過去最多、全体でも過去2番目の新規感染者数となってしまいました。なんとか早期のピークアウトを目指して引き続き基本的な新型コロナ感染防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を万全にして過ごしていきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページのトップへ戻る