仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 高血圧と歯科治療

いずみ中山歯科のブログ

高血圧と歯科治療


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 昨日の日曜日は暑かったですね~🌞🌞🌞仙台市の最高気温は36.5℃と猛暑日になりました。さらに夜も気温が25℃を下回らない熱帯夜でした。皆さん、熱中症など体調を崩されていませんでしょうか。今朝の仙台市南中山周辺も朝から太陽🌞が元気で少し雲が広がってきていますが既に30℃近くまで気温が上がっています。日中の予想最高気温は昨日よりは5℃低い32℃の予想となっていますが、熱中症には厳重な警戒が必要です。こまめな水分補給やエアコンの適切な使用により室温を28℃以下に下げるようにするなど対策を行うようにしましょう。いずみ中山歯科では、待合室奥にウォーターサーバー(飲料水)をご用意しております。来院されましたらまずはコップ1杯のお水を飲んで一息ついていただければと思います。

 先週は月曜から水曜日、金曜日と4回に渡って高血圧についてご紹介しました。なぜ高血圧について続けてご紹介したかというと、高血圧が歯科治療とも関係があるからで、それには大きく2つの要因があります。

 まずは歯科治療の中の「麻酔」と「抜歯」です。麻酔薬の中には血管収縮剤が含まれているので血圧が上昇する可能性があります。歯科用局所麻酔も打った直後に一時的に血圧が上昇します。通常はすぐ治りますが、高血圧の方の場合はそうでない方より慎重に観察する必要があります。血圧が薬でコントロールされている状態であれば心配いりません。また、抜歯の際の注意点としては、高血圧で収縮期血圧が160mmHgを超えていたり血液をサラサラにするお薬を服用されたりしていると抜歯後になかなか血が止まらないことがあるからです。このため、歯科治療前には必ず安静時の血圧や降圧剤などの服用状況を確認しています。

 2つめは歯科治療の緊張感です。先週火曜日の当ブログでご紹介した平時は血圧が正常値であっても診療室などでは自宅などでの測定値よりも血圧が高くなってしまう白衣高血圧の方もいます。これは、白衣を着たスタッフに囲まれることによる緊張(ストレス)が原因です。過度の緊張により、一時的に重度の高血圧や発汗、動悸や頭痛などが起こることがあります。

 また、高血圧の治療薬である降圧剤の中には、歯科治療に関わる症状や副作用を起こす可能性があるものがあります。薬の種類により副作用が異なっているので、正確にお薬の情報をお知らせしていただくために、お薬手帳のご持参をお願いします。

 いずみ中山歯科では、患者様に安心して治療を受けていただくために服薬状況や診療中の体調などもお聞きしながら診療させていただきますので、何か不安に感じることなどがあればお気軽にお声がけください。さらに診療などに入る際は日常会話を交えるなどのお声掛けをするなど患者様の緊張を和らげることにも努めています。

 一昨日の新規感染者は仙台市で1,789人、宮城県全体では2,948人で前週の土曜日より740人の増加、昨日は仙台市で1,757人、宮城県全体では2,792人で前週の日曜日より775人の増加となりました。これまで以上に大きな第7波に突入し、まだピークが見えていない状況ですが、とにかく基本的な新型コロナ感染防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用、換気)を怠ることなく何とか早期にピークアウトを迎えるための行動を頑張りましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページのトップへ戻る