仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 歯の本数と寿命の関係

いずみ中山歯科のブログ

歯の本数と寿命の関係


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は雲☁に濃淡は見られるものの一面曇り空☁☁☁です。今朝も最低気温は21℃ほどで室内はややひんやりと感じるくらいの朝でした。日中の予想最高気温は26℃と今日も比較的過ごしやすい日になりそうですが、動いて汗をかくなどする時は、しっかり水分補給などを行って熱中症対策は行うようにしてください。今日は朝のうちと夜に雨☔が降りやすいとの予報でしたので、傘は持ってお出かけになると良さそうです。いずみ中山歯科では、待合室奥にウォーターサーバー(飲料水)をご用意しております。来院されましたらまずはコップ1杯のお水を飲んで一息ついていただければと思います。

 今日は今月医院の入口に掲示している案内板の片面をご紹介します。

 歯の本数と寿命の関係についてご紹介します。65歳以上を対象としたある調査では歯が10~19本の方は歯が20本以上残っている方と比べると死亡率が1.3倍に。さらに10本未満の方に至っては死亡率が1.7倍にもなるとのことです。

 歯の本数と寿命が関係するのはお口の中の影響が全身にも及ぶからです。例えば、中高年の方が歯を失う多くの原因は歯周病ですが、歯周病を引き起こす細菌が歯ぐきの出血時に血管内に入り込み、脳卒中、心臓病、糖尿病の悪化といった様々な全身疾患の原因になります。また、歯の本数が少ないと転倒リスクや認知症のリスクが高くなることも分かっていて、要介護の可能性も高まります。

 歯を残すために最も大切なことは普段から予防を行うことです。ご自身による毎日のセルフケアと歯科医院での定期的なプロフェッショナルケア=定期健診(メインテナンス)で歯周病、虫歯予防を行って歯を1本でも多く残していきましょう。

 いずみ中山歯科では、予防に重点を置いて、患者様の健康寿命のためにお口の健全な環境づくりから全身の健康に繋がるように皆様の口腔環境の改善にも努めていますので、お気軽にご相談ください。

 一昨日の新規感染者は仙台市で322人、宮城県全体では491人で前週の水曜日より267人増え2倍以上に増加、昨日は仙台市で281人、宮城県全体では403人で前週の木曜日より189人の増加とほぼ倍増でした。やはり急激な増加となってしまっていますが、この増加がなんとか短期間で減少に転ずるよう引き続き基本的な新型コロナ感染防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用)を万全にして過ごしていきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページのトップへ戻る