仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 🦷国民皆歯科健診🦷の導入に向けて

いずみ中山歯科のブログ

🦷国民皆歯科健診🦷の導入に向けて


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は快晴🌞です。今朝の最低気温は13℃ほどでひんやりと感じましたが、陽射しが降り注いで既に19℃まで気温が上がってきて、今は爽やかな朝になっています。今日はこのまま概ね晴れ🌞て気温は再び急上昇して昨日より11℃も高い26℃の予報となっています。今日は室内でも快適に過ごせそうですが、体を動かす際などは水分補給をしっかりとして熱中症には気を付けてお過ごしください。ただ、この暖かさは今日明日だけで、明後日金曜日からは最高気温が20℃に届くか届かないかで、曇りや雨の予報が続いていましたので、体調管理には十分にお気を付けください。

 今日は今年度から本格的な議論が開始されることになった「国民皆歯科健診」についてニュースに取り上げられていましたのでご紹介します。

 長寿命化が進んでいる現在、医療費の増大が社会問題として取り上げられる中、いかにして健康寿命を延ばすかという課題が社会全体に大きくのしかかってきています。

 そこで、これまでのデータの蓄積から65歳以上の高齢者は自分の歯が残っている本数が多いほど健康を維持しやすく、入院回数が少ないということが明らかになってきているそうです。逆に歯周病などを放置すると糖尿病の合併症など全身に悪影響を及ぼすおそれも指摘されています。これまでにも厚生労働省と日本歯科医師会の協力により「8020運動(80歳で20本以上自分の歯を残そう)」という運動は進められてきました。

 つまり、お口の健康を維持すると全身の健康の維持に繋がり、その結果として医療費も抑制されるというプラスの相乗効果が望めるということになります。

 歯をより多く残すには歯周病などの早期発見、早期治療が非常に大切になります。しかし、日本の歯科検診は1歳半と3歳の乳幼児、就学時や小学校、中学校、高等学校の学校健診と歯に有害なガスを扱う業務の方に限られています。ちなみに仙台市では20歳のデンタルケア、節目健診(30歳、40歳、50歳、60歳、70歳)、妊婦歯科健康診査がありますので、受診券が届いた方は是非案内を機会に健診を受けてみてはいかがでしょうか。

 国民皆歯科検診は国民の健康寿命にとても重要になると思いますが、まだ議論が始まったばかりで実現までには数年はかかってしまうとのことでした。

 いずみ中山歯科では既に定期健診(メインテナンス)に重点を置いた診療を行っていて、毎日歯科衛生士さんを中心に患者様のお口のメインテナンスを行っています。また、近年は10歳未満からの定期健診にも力を入れて、親子で通われる患者さんもとても増えてきています。1日でも早い定期健診の開始は1日でも長い健康寿命に続くのではないかと考えられます。歯科検診についてまずはその効果を詳しく知りたいなどお聞きになりたいことがありましたらいずみ中山歯科にお気軽にご相談ください。

 昨日の仙台市は208人、宮城県全体では307人で前週の火曜日より133人の減少でした。これで8日連続の減少となり、このまましっかりと減少が続くように引き続き基本的な新型コロナ感染防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用)を万全にして過ごしていきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページのトップへ戻る