仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 医院の花22(アヤメ)

いずみ中山歯科のブログ

医院の花22(アヤメ)


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は雨☔です。今朝の最低気温は14℃ほどと特に冷え込んだわけではないのですが、雨のせいかひんやりとした朝です。今日はあまり気温が上がらず日中の予想最高気温は18℃と涼しい1日になりそうです。夏日のあった先週とは気温差も大きいですので、体調を崩されませんように気を付けてお過ごしください。また、今日は現在通過している寒気の影響で昼過ぎ頃までところによっては雷⚡のおそれもあるとのことですので、急な雨や風を感じたら建物内に入るなど注意を払うようにしてください。

 今日はまた医院の花壇で咲いている花2種類をご紹介します。

左:アヤメ、右:シラン
アヤメの特徴の網目模様(やや網目になり切れていませんが・・・)

 まずは写真左のアヤメ(菖蒲)です。アヤメはアヤメ科アヤメ属の多年草です。アヤメは5月を代表するような花の1つで、暑さ寒さに関係なく北海道から九州まで生育しているので全国各地にアヤメ園などが整備されています。アヤメとよく似た植物で同じアヤメ科アヤメ属の花にカキツバタ(杜若)とハナショウブ(花菖蒲)があります。見分け方は花弁の付け根で、アヤメは網目模様、カキツバタは白い斑点、ハナショウブは黄色の斑点で見分けます。また、アヤメは比較的乾燥した環境でも育ちますが、カキツバタとハナショウブは湿り気の多い環境を好むので、医院の花壇の様に水辺ではないところは概ねアヤメと思うのも参考になるかもしれません。

 「いずれアヤメかカキツバタ」という言葉がありますが、いずれも同じようで区別がつきにくいということで、生育環境は違っても花は本当に似ているので、花弁の付け根で違いを見分けてみてください。

 写真右はシラン(紫蘭)で昨年の6月5日付の当ブログでご紹介しましたが、ラン科の植物です。ラン科の花はとても多種多様で日本では温室が必要な種があったりとても手間のかかる品種が多いですが、このシランは全くと言っていいほど手がかからないので、庭先に植えてあげると毎年きれいな花を咲かせてくれます。医院の花壇もあまり手入れは進んでいませんが、今年も咲き始めてくれました。

 医院の花壇ではどちらもこの週末から咲き始めてくれました。医院の花壇ではたくさんではありませんが、それでもぜひ足を止めて目の一休みをしてみてください。

 一昨日の仙台市の新規感染者の確認は298人で、宮城県全体としては479人で前週の土曜日より33人の減少、昨日は仙台市で300人、宮城県全体で437人と前週の日曜日と比較して10人の増加でした。急激な増加にはなっていないものの減少もしていない状態です。なんとか減少傾向へと向かうように引き続き基本的な新型コロナ感染防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用)を万全にして過ごしていきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページのトップへ戻る