仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 子供の歯の変色にご注意を!!!

いずみ中山歯科のブログ

子供の歯の変色にご注意を!!!


 おはようございます、予防とメインテナンスに重点を置いている仙台市泉区にある🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は薄い雲☁が広がっていますが晴れ🌤です。今朝の最低気温は16℃ほどと暖かい朝で現在は20℃まで上がってきています。昨日よりは少し下がりますが日中の予想最高気温は24℃と夏日の一歩手前まで上がり、今日も少し厚さを感じる予報となっています。今日は湿度も少し上がるようですので、昨日に引き続き水分補給をするなどして熱中症対策は万全にしてお過ごしください。また、夜遅くなると雨☔が降り始めるかもしれません。お帰りが夜になられる方は念のため折り畳み傘をお持ちになると安心です。

 今日は子供の前歯の変色についてご紹介します。

 ある日気づいたら子供の前歯が黒ずんだように変色しているなんてことが起こるかもしれません。それは、お父さんお母さんが気づかないうちに前歯をどこかにぶつけた可能性があるというサインです。これまでにもご紹介しているとおり、歯は表層にエナメル質、その内側に象牙質、さらにその内側に歯髄(歯の神経)という構造になっていて、象牙質には象牙細管という細かい穴が無数に開いています。歯髄はゼリー状で、数ミリの空間の中を血液が流れています。

 歯をぶつけてしまうと歯が生えている周囲の組織や歯髄に過度の圧力がかかり、内出血が起こることがあります。内出血を起こすと象牙細管の中の穴に血液が流れ込んで、その色が透けて見えることで変色しているように見えると考えられているそうです。

 子供の歯(乳歯)は順次永久歯に生え変わりますが、ぶつけた時に乳歯の奥にすでに生え代わりに備えて形成されている永久歯の芽にダメージが伝わっていることも考えられます。永久歯への影響の有無なども調べるためにも必ず受診するようにしてください。まだ見えない永久歯もレントゲン撮影などの方法で影響が及んでいないかを確認することもできるかもしれません。

 それから、ぶつけた後、半年程度は経過観察などをしながら様子を見ることになりますので、定期的に歯科を受診するようにしてください。また、小さなお子様ならご自宅でも仕上げ磨きをしてあげながら様子を見る、たんぱく質やビタミンなど栄養価の高いものを食べさせる、体の治癒力を高めるためにしっかり睡眠時間を確保するなど、ホームケアも行うようにしてください。

 歯の色は元に戻る可能性もあります。その場合は神経が生きていることになります。一方、周辺の歯ぐきが腫れたり、痛みが出てきたりするというのは歯髄で炎症が起きた可能性があります。この様な時は必ず歯科を受診するようにください。

 昨日の仙台市の新規感染者の確認は354人で、宮城県全体としては570人で前週の金曜日より76人の増加でした。ゴールデンウィーク中の人流で感染者の増加も懸念されていましたが、皆さんの感染対策への意識の高さからか急激な感染拡大とはなりませんでした。ただ、昨日で3日連続の増加を記録しました。油断するとすぐに急増してしまうので引き続き基本的な新型コロナ感染防止対策(3蜜回避、手洗い、マスク着用)を万全にして過ごしていきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の拡大防止を最大限に心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページのトップへ戻る