仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 詰め物・被せ物の脱離(だつり)

いずみ中山歯科のブログ

詰め物・被せ物の脱離(だつり)


 おはようございます、🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は晴れ☀ています。今朝の最低気温は3℃とこの時季としては冷え込みの弱い朝で、午前中には6℃まで上がる予報ですが、午後は段々と寒気が流れ込んできて夕方には1~2℃と下がりますので、防寒対策を万全にしてお出かけください。

 虫歯の治療ではインレーと呼ばれる詰め物やクラウンと呼ばれる被せ物などが採用されます。これらはセメントで固めて歯と接着させますが、様々な要因により外れてしまうことがあります。歯科では、これらが外れることを「脱離(だつり)」と呼びます。

 治療後すぐに外れた場合は治療自体に問題があった可能性もありますが、1年など時間が経過してから外れた場合には、口の中に外れてしまった要因が潜んでいる可能性があります。これらの詰め物・被せ物は入れたその日から物を食べたり歯を食いしばったりと過酷な状況にさらされ続けることになります。

 詰め物などが外れる要因として「虫歯」と「噛み癖」が挙げられるそうです。

 詰め物などはそれ自体が虫歯になることはありませんが、詰め物などと自歯の境いは気にならないほどの小さな段差や隙間があります。しかし虫歯菌には十分なスペースとなって虫歯菌が増殖することで虫歯が進行して隙間が広がるなどして外れてしまうことがあります。

 また、噛み癖は自分では非常に気づきにくいですが、就寝中の歯ぎしりなどの食いしばりが歯と詰め物などに強い負荷をかけてしまい外れてしまうことがあります。

 詰め物などがしばしば外れてしまう方はどちらの要因にしても歯科医院にて虫歯予防やマウスピースなどによる歯ぎしり対策などをして、歯を保護していきましょう。

 なお、詰め物や被せ物を外れたままにすると、外れたところに食べ物が残って細菌が増殖して口の中が不潔になりやすく、更なる虫歯や歯周病の原因になります。また力のかかり方が変わって他の歯に負担がかかったり、外れた側をかばって反対側で噛んで食事したりすることで全体の噛み合わせに影響するので注意が必要です。一つの詰め物などが外れたことで、他の詰め物・被せ物がはずれる負の連鎖につながることもあります。

 詰め物などが外れたらすぐに歯科医院で診てもらうことが最善ですので、お気軽にお問い合わせください。

 昨日の仙台市の新規感染者の確認は56人で、宮城県全体としては79人でした。各地で過去最多の感染者数を記録し始めるなどこれまでにない感染拡大が起きています。仙台市を含む宮城県は急激な増加は見られたものの、今のところ他県よりは急増のペースは抑えられています。今後も可能な限り急増のペースを抑えられるよう、今までよりさらに意識を高めてうつさない、うつらないための手洗い(手指消毒)、マスク着用、3蜜回避を実行していきましょう。今一度皆で気を引き締めて新型コロナウイルス、インフルエンザウイルスへの対策を徹底していきましょう。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、感染の再拡大防止を心掛けていきましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページのトップへ戻る