仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 津波防災の日

いずみ中山歯科のブログ

津波防災の日


 おはようございます、🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝も仙台市南中山周辺は快晴🌞です。昨日よりやや肌寒く感じますが、今朝の最低気温も昨日と同じ10℃とこの時季としては平年並みかやや暖かい朝でした。日中も気温は上がり、予想最高気温は18℃と、この時季としては過ごしやすい1日になりそうです。

 さて、今日11月5日は、日本では「津波防災の日」、世界では「世界津波の日」に制定されています。まだまだ記憶に新しい東日本大震災での甚大な津波被害を受けて2011年6月に制定された「津波対策の推進に関する法律」において、広く津波対策についての理解と関心を深めることを目的として、毎年11月5日を「津波防災の日」と定め、全国で様々な活動や教育に取り組んでいるそうです。世界においても、日本が主導して2015年国連総会の決議で「世界津波の日」として制定されました。ちなみに、現在、世界でほぼ共通語として「津波」は「Tsunami」で通じるようです。津波には高台などに逃げる以外、対抗手段はないと思われます。津波が来るかもと思ったら、早めに高台や頑丈な建物の高いところへ避難するよう頭の片隅に意識を留めておきましょう。

 ところで、なぜ津波の日が11月5日かというと、安政元年(1854年)11月5日に今の和歌山県で発生した大津波の際に、村人が自らの収穫した稲むらに火をつけることで早期に警報を発し、避難させたことにより村民の命を救い、被災地のより良い復興に尽力した「稲むらの火」という逸話に由来しているそうです。ちなみに安政元年とは、日本の歴史で習った「安政の大獄」のほんの数年前、江戸時代の逸話です。

 さて、11月は11月8日が語呂合わせで「いい歯の日」ということで、いずみ中山歯科では「いい歯の日キャンペーン」を実施中です。歯ブラシや500ppm次亜塩素酸水が通常よりもお得にご購入できますので、ぜひこの機会にご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

 昨日の仙台市の新規感染者の確認は0人で、宮城県全体としても0人でした。10月いっぱいでリバウンド防止徹底期間も終了し、今一度皆で気を引き締めて新型コロナ対策を徹底しましょう。引き続き1桁台前半の確認数ではありますが、個人個人が気を抜いてしまうとまた急速な再拡大の可能性もあるかと思われます。新型コロナに対応される医療従事者の負担を再び増大させないためにも、自分たちの様々な楽しみを守るためにも、個人でできる最大限の感染防止対策として、先にも述べた手洗い、うがい、手指消毒、マスク着用など可能な限り丁寧に行うことで一人一人が感染の再拡大防止を心掛けていきましょう。

 自分のため、家族のため、友人のため、医療従事者のため、また飲食店や観光業など新型コロナの影響をまともに受けている業界のためにも、できるだけ多くの人が協力して、なんとしても新型コロナのリバウンドを防止しましょう。

#いずみ中山歯科 予防

#いずみ中山歯科 仙台市泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス

#いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 ブログ

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2021年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページのトップへ戻る