仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 隠れ歯周病

いずみ中山歯科のブログ

隠れ歯周病


 おはようございます、🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は薄雲が広がった曇り空ではありますが清々しい朝です。日中もこのまま雲☁が覆った曇りの1日になる予報です。ただし、気温は暖かさも感じる26度くらいになり、過ごしやすそうです。日付が変わるころにはもしかしたら雨☔の予報も見られることから、帰りが夜になる方は念のため折り畳み傘🌂をお持ちになると良いかもしれません。

 さて、今日はいずみ中山歯科の入口に掲示している案内板の今月の記事についてご紹介です。当ブログでも何度かご紹介している歯周病についてですが、歯周病は本当に恐ろしくやっかいな病気ですので、これまでにも、またこれからも当ブログで案内させていただくことがあると思います。

 歯周病とは単に歯肉(歯茎)が腫れる病気ではありません。進行すると歯を支える歯槽骨(しそうこつ)を溶かして、最後には歯が抜けてしまうという恐ろしい病気ですが、それにも関わらず歯周病は自覚症状がほとんどありません。

 歯周病の唯一のサインと言えるのが歯茎からの出血だそうです。出血は歯ぶらしで傷ができたわけではなく、歯茎の組織が歯周病菌と戦い炎症を起こしたことによるものです。この出血を放置してしまうと歯周病が進行して、歯を支える骨が溶けて、最終的には歯が抜けてしまうことになってしまいます。

 歯周病になってしまっていたら、とにかく口腔内の歯周病菌を減らす必要があります。口の中で歯周病菌が大量に生息しているのは歯石です。歯石は歯磨きで取り除ききれなかった食べかすなどが硬化してできるものです。歯石として付着してしまった後は毎日の歯みがきでは取り除くことはできず、歯科医院で歯科衛生士によるクリーニングなどで取り除くしかないそうです。さらに、歯石は取り除いても放っておくと次第に再付着するとともに歯周病菌もすぐに再増殖してしまいます。そのため、歯科医院によるお手入れだけではどうしようもありません。歯科医院での定期的なメインテナンスとともに皆さんの毎日の適切なケア(歯磨きやうがいなど)によって初めて歯周病菌の増殖を抑制できるのだそうです。

 歯周病は歯を失ってしまう原因のNo.1だそうです。にもかかわらず、歯周病は自覚症状がほとんどないまま症状が進行する「沈黙の病」と言われているそうです。歯茎から出血しているから歯周病というわけではありませんが、もし歯茎からの出血が続くようであれば歯周病のサインかもしれないので、早めに歯科医院でのチェックを受けることをお勧めいたします。

 いずみ中山歯科では、歯周病対策としても有効なメインテナンスに重点を置いていますので、最近出血が増えたかな?続いているかな?など、少しでも「もしかして」と思われた方はお気軽にご相談ください。

 10月31日までの期間はリバウンド防止徹底期間です。仙台市の新規感染者の確認は2月22日以来の0人だったようです。ただ、新型コロナは決して収束したわけではありません。新型コロナに対応される医療従事者のさらなる負担軽減のためにも個人でできる最大限の感染防止対策として、手洗い、うがい、手指消毒、マスク着用など可能な限り丁寧に行うことで一人一人が一層の感染拡大防止に協力していきましょう。

 自分のため、家族のため、友人のため、医療従事者のため、また飲食店や観光業など新型コロナの影響をまともに受けている業界のためにも、できるだけ多くの人が協力して、なんとしても新型コロナのリバウンドを防止しましょう。

#いずみ中山歯科 予防  #いずみ中山歯科 仙台泉区 

#いずみ中山歯科 メインテナンス  #いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 ブログ 

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページのトップへ戻る