仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 噛み合わせとお口の健康

いずみ中山歯科のブログ

噛み合わせとお口の健康


 おはようございます、🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は雲☁は多めですが概ね晴れ☀ていて、風も少しありさわやかな朝ですね。日中も概ね晴れ☀て予想最高気温は29度と真夏日一歩手前で暑くなる予報でした。日中と朝晩の気温差が大きい時期ですので、体調管理には十分にご留意ください。

 また、昨夜は8年ぶりに満月の中秋の名月だったそうですが、南中山周辺は雲が広がってしまっていて残念ながらお月様は雲の上でした。

 さて、今日は噛み合わせとお口の健康についてご紹介したいと思います。

 噛み合わせとは口(上下の顎)を閉じると歯は上下規則的に接します。そして、顎の関節が適切な位置にある時、口はスムーズに動きます。このように前歯、奥歯、顎の関節がバランスよく調和して動いている状態が正しい噛み合わせになるそうです。

 ところが、右側だけで噛んでしまうなどの噛み癖や虫歯、歯周病の悪化、ストレスなどがあると噛み合わせが狂うそうです。例えば虫歯などで下の歯を1本失うとその両隣の歯は歯を失った空間に倒れこみやすくなり、上の歯は噛み合う相手がないので、下に伸びるそうです。調和を保てていたその他の歯も少しずつ位置がずれて歯列も噛み合わせも次第に狂ってしまいます。

 また、噛み合わせが狂うと、歯や口を動かすために無理な動作をすることになり、この無理な動作で顎関節や筋肉を傷め、顎関節症、頭痛、肩こり、腰痛などの症状や悪い姿勢につながっていくそうです。

 歯は「食べる」、「話す」、「飲み込む」、「「噛みしめる」、「頭や顔、姿勢を維持する」など様々な働きをしています。たった1本の歯が抜けてしまうことで全身の健康にまで影響しかねないそうです。虫歯や歯周病の予防とともに、噛み合わせのチェックも行ってみてはいかがでしょうか。いずみ中山歯科では、口腔内の健全化のため予防歯科に重点を置いていますので、嚙み合わせについても少しでも違和感等を覚えましたらお気軽にご相談ください。

 

 宮城県はまん延防止等重点措置実施中です。新規感染者はだいぶ減少し、病症使用率も22%と減少しました。ただ、コロナ対応に従事される医療従事者の方々はこれまでの激務で疲労が蓄積されているかと思われます。さらなる負担軽減のためにも個人でできる最大限の感染防止対策として、手洗い、うがい、手指消毒、マスク着用など可能な限り丁寧に行って、一人一人が感染拡大防止に寄与できるよう協力して、まん延防止等重点措置の早期解除を目標に協力していきましょう。

 自分のため、家族のため、友人のため、医療従事者のため、また飲食店や観光業など新型コロナの影響をまともに受けている業界のためにも、できるだけ多くの人が協力して、なんとしても新型コロナの感染拡大を防止しましょう。

#いずみ中山歯科 予防  #いずみ中山歯科 仙台泉区 

#いずみ中山歯科 メインテナンス  #いずみ中山歯科 歯科衛生士

#いずみ中山歯科 ブログ 

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページのトップへ戻る