仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > 子供のむし歯(う歯)の状況

いずみ中山歯科のブログ

子供のむし歯(う歯)の状況


 おはようございます、🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今朝の仙台市南中山周辺は雲☁が多く霧雨が降ったりしていますが、天気は次第に回復して太陽☀も顔を出してくれる予報となっていました。今日も朝から蒸しています。日中の予想最高気温は28℃ですが、湿度が高いと熱中症のリスクは高まりますので、こまめな水分補給や適切なエアコンの使用など油断せずに熱中症対策を行ってください。いずみ中山歯科ではウォーターサーバーを設置しておりますので、ご来院の際は手洗い、うがい、水分補給で感染症と熱中症どちらの対策も行ってください。

 今日は8月3日付の日本歯科新聞より文部科学省が7月28日に公表した令和2年度学校保健統計調査のうち、むし歯に関するデータをご紹介します。

 表-1「12歳の永久歯の一人当たり平均むし歯(う歯)等数」を見てみると、平成元年には1人平均4.30本の虫歯がありましたが、年を経るごとに減少して、表には出ていませんが平成27年に1.00本を切って0.90本となり、その後も減少を続けて令和2年度には0.68本となっています。小学校での歯科検診などによって歯みがきの大切さが浸透していっている成果ではないでしょうか。

 ただし、表-2「むし歯(う歯)の被患率」を見てみると、幼稚園児から8歳まで年々増加して、8歳をピークに減少に転じて12歳でむし歯罹患率は29.44%まで減少します。しかし、その後また17歳まで増加し続けています。

 8歳をピークに減少に転じるのは乳歯が永久歯に生え変わる段階で、虫歯のない永久歯が生えてくることが影響していると考えられます。乳歯は生え変わりますが、永久歯は生え変わりません。新たに生えた永久歯がむし歯にならないように、歯の健診だけでなく、飲食時間や回数などの食生活習慣の見直しや歯みがきをしっかり行うことが重要になってくるのではないでしょうか。

#いずみ中山歯科 ブログ #いずみ中山歯科 予防  #いずみ中山歯科 仙台泉区

#いずみ中山歯科 メインテナンス  #いずみ中山歯科 歯科衛生士

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページのトップへ戻る