仙台市泉区南中山2丁目12-7
022-376-2931
ご相談はお気軽に

トップ > いずみ中山歯科が保有する機械(1)

いずみ中山歯科のブログ

いずみ中山歯科が保有する機械(1)


 こんにちは、🦷いずみ中山歯科🦷 事務の古川です。

 今日の仙台は明け方は曇り☁でしたが、9時前頃から雨☂が降り出しましたね。気温も涼しく、昨日との温度差もあるので、体調を崩されませんようにお気を付けください。

 今日はいずみ中山歯科が保有している色々な機械の中の1つをご紹介します。

 医院の中でも、最も小型な装置でしょうか?名前はウェアラブル筋電計。

右がウェアラブル筋電計、左は大きさを比べたUSBメモリ

 何を計測する機械かと言いますと、微弱な電流を流して筋肉の動きを計測してグラフ化する機械です。歯科医療の分野では、顎関節(あご)の動きや睡眠時の歯ぎしりの状況を計測するのに用いています。これを朝まで装着してデータを採取することで、睡眠時の歯ぎしりの状況をグラフ化できるそうです。

 誰しもが無意識の睡眠中でも口は動いています。しかも、強く噛みしめたり、横にずらすように動かしたり、いわゆる「歯ぎしり」です。

 そしてこの歯ぎしりは、口腔内の各組織(歯や歯肉など)や顎関節(あご)等に対して悪影響を及ぼすやっかいな行動だそうです。この歯ぎしりを測定するための機械がこのウェアラブル筋電計です。その大きさはUSBメモリよりも小さいくらいです。

 今回、メーカーが機械の微調整を行ったので、患者様に使用する前に私が使ってみました。

就寝前に左右どちらかに貼るだけ

さて、私の検査結果は・・・・・

1時間平均で11~12回の噛みしめ回数を記録

 初めて使ったので基準値の設定(目いっぱい噛みしめて機械に噛みしめ力を記憶させる作業)が上手にできずに、噛みしめ強さは2日間のズレが大きくなっていますが、噛みしめの回数は2日間とも同じような回数でした。通常は1時間に4回程度なんだそうですが、私は11回、12回とかなり多い結果となりました。

 歯周病もある私は、口腔内の状態が万全とは言い難いので、睡眠時にも口腔内環境を意識して、無意識に行ってしまう歯ぎしり対策をして就寝せねばなりませんね。歯ぎしり対策については、またご紹介させていただきます。

 それから、今回ブログをご覧になっていただいている皆様には、私の寝顔😴(寝たふりですが)という見苦しい写真となってしまったことをお許しください😓

 この機械を適切に使えば、就寝中の患者様の口腔内の動きも今まで以上に把握できるので、今後の患者様の口腔内の健全化に大きく貢献してくれるのではないでしょうか😀

 現在開催中の『歯🦷と口👄の健康週間キャンペーン』キャンペーンのお知らせ👀 – いずみ中山歯科 (izumi-nakayama-do.com)も残すところ本日を含めて2日となりました。口腔内の健全化のお役に立つ歯ブラシをお得に購入できるこの機会を逃しませんよう、ご検討よろしくお願いします。

診療内容・詳細ご案内

診療日カレンダー

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページのトップへ戻る